仕事などで、同じようなメール頻繁作成していて、〝もっと効率よくメールを作成したい″と思っていませんか?

メール末尾の「氏名」や「メールアドレス」は署名機能で設定できますが、テンプレート機能では、本文だけでなく「宛先」や「件名」も含めて、〝テンプレート″として保存して、繰り返し使うことが出来ます。

通常のメールと同じように作成してから、テンプレートとして保存するだけで作成できるので、早速作成してみましょう。

Outline

– 項目をクリックで該当箇所へ

1.テンプレートの作成方法

① まず、通常のメールと同じように「作成」をクリックします。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード

② 新規メール作成画面で、〝テンプレートとして保存したい内容”を入力します。

テンプレートとして保存出来る項目は、

  • 宛先(CCやBCCも保存可能)
  • 件名
  • 添付ファイル
  • 本文

です。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード
「宛先だけ」「本文だけ」なども可能です。

③ 入力できたら、「ファイル」→「選択して保存」→「テンプレート」をクリックします。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード

これで、テンプレート保存されました。それでは、続けてテンプレートを使ってみましょう。

2.テンプレートの使い方

テンプレートを作成すると、受信トレイの下に「テンプレートフォルダ」が作成され、そこに保存されます。

① 受信トレイの下の「テンプレートフォルダ」内の使いたいテンプレートを開きます。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード

② 必要があれば追記をして、「送信」をクリックします。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード

③ メール送信後も「テンプレート」はそのまま残り、再利用できます。

  • Thunderbird テンプレート サンダーバード

3.まとめ

ぜひ、同じ内容頻繁に送っているケースがないか、送信メールから探してみてください。〝テンプレート化″して、仕事の効率を上げましょう。

◆作成方法

通常のメールと同様に作成→「ファイル」→「選択して保存」→「テンプレート

また、よく使う定型文を事前に登録して、使いたい時にすぐに呼び出せる 「Quicktext」 というThunderbirdのアドオンも便利でおすすめです。

詳しくは、「Thunderbirdのおすすめのアドオン:Quicktext」を参照してください。