Thunderbird の〝迷惑メール対策”をしたいけど、どのように迷惑メール設定をしたらいいか分からずに困っていませんか?

Thunderbird には、学習型の優秀な迷惑メールフィルタ標準搭載されていて、「これは迷惑メール」「これは迷惑メールじゃない」と教えていくと、賢く迷惑メールを自動判別できます。

さらに、判別された迷惑メールを「迷惑メールフォルダ」に自動振り分けしたり、自動削除したり出来ます。

本記事では、迷惑メールフィルタ全機能をご紹介し、初心者でもこの記事の順番通りに進めれば 〝Thunderbird の迷惑メール対策”が完了するようになっています。

それでは、さっそく設定をしましょう。

1.迷惑メールフィルタの初期設定の確認

迷惑メールの対策をするにあたって、まず始めに「初期設定」を確認しましょう。

① まずメイン画面で、迷惑メール学習をさせたいメールアカウントを「右クリック」して、表示されたメニューで「設定」をクリックします。

  • thunderbird 迷惑メール
Thunderbird では、複数のメールアカウント(メールアドレス)を送受信できるようになっており、それぞれについて、迷惑メール学習フィルターの有効・無効を設定できるようになっています。

② 表示された画面左側で、対象のメールアカウントの「迷惑メール」を選択します。

  • thunderbird 迷惑メール

この「迷惑メールフィルタの設定画面」で迷惑メール対策の様々な設定が出来ます。

  • thunderbird 迷惑メール

③ まず、「このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする」にチェックが入っていることを確認します。

  • thunderbird 迷惑メール

④ 次に、「送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない」で「個人用アドレス帳」にチェックが入っていることを確認します。

ここにチェックを入れることで、「個人用アドレス帳」に登録されている人から送信されたメールには、迷惑マークが付かないようになります。

  • thunderbird 迷惑メール
仮に迷惑メールの送信者も個人用アドレス帳に加えている場合は、個人用アドレス帳から外しておきましょう。
また、「記録用アドレス帳」には、こちらから送信したことがあるメールアドレスが自動で登録されるようになっています。そのため、こちらから送信したことのあるメールアドレスから迷惑メールが来る可能性がない場合は、ここで「記録用アドレス帳」にもチェックを入れましょう。

⑤ 最後に、「OK」をクリックします。

  • thunderbird 迷惑メール

これで、迷惑メールフィルタ初期設定は完了です。

続いて、Thunderbird迷惑メールを〝学習させる”必要があるので、次項に進みましょう。

2.迷惑メールを学習させる方法

前項の設定によって、自動的迷惑メールを〝マーク”してくれるようになりました。

しかし、Thunderbird の迷惑メールフィルタは「学習型」のため、始めのうちは正確に迷惑メールを判別できません。

そのため、しばらくの間、Thunderbird に「これは迷惑メール」「これは迷惑メールじゃない」と、教える必要があります。

それでは、早速以下の手順学習させましょう。

① 学習させる方法はとても簡単で、迷惑メールの場合は、メール一覧の「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」の列をクリックし、「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」を付けます。

  • thunderbird 迷惑メール
  • thunderbird 迷惑メール

すると、Thunderbird が学習し、受信するメールの中で「迷惑メール」と判断したメールに、自動で「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」が付くようになります。

  • thunderbird 迷惑メール

その中で、〝迷惑メールではないメール”に「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」が付いてしまっていたら、「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」をクリックして、「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」を消します

  • thunderbird 迷惑メール
  • thunderbird 迷惑メール

このように、

  • 迷惑メールには迷惑マークthunderbird 迷惑メールを付ける
  • 〝非”迷惑メールに迷惑マークthunderbird 迷惑メールが付いていたら外す

しばらく繰り返すことで、Thunderird が迷惑メールを学習していきます。

しばらくたって、正確な判断が自動で出来るようになったら、迷惑マークthunderbird 迷惑メールのついたメールを自動的に「迷惑メールフォルダ」に振り分けたり、一定期間後に自動的に削除されるように設定すると便利です。

3.迷惑メールを自動的に迷惑メールフォルダに振り分ける方法

迷惑メールが「受信トレイ」に残っていると管理しづらいので、迷惑マークthunderbird 迷惑メールの付いたメールを自動的に「迷惑メールフォルダ」に振り分ける設定をしましょう。

別記事の「Thunderbirdで迷惑メールを迷惑メールフォルダに自動振り分けする方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

さらに、「迷惑メールフォルダ」に振り分けられたメールを〝自動で削除する機能”もあります。

4.迷惑メールを自動削除する方法

迷惑メールフォルダ」内のメールを一定期間後に自動的に削除する(ゴミ箱に入れる)設定をしましょう。

別記事の「迷惑メールフォルダ内の迷惑メールを自動削除する方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

自動削除せず、手動で迷惑マークthunderbird 迷惑メールのついたメールだけを一括削除する方法もあります。

5.迷惑メールを手動で一括削除する方法

前項では、自動的に迷惑メールを削除する方法をご紹介しましたが、Thunderbird には、「迷惑マークthunderbird 迷惑メール」をつけたメールだけを “手動” で一括削除する機能もあります。

別記事の「迷惑メールを手動で一括削除する方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

6.まとめ

このように、Thunderbird には、高機能で便利な「迷惑メールフィルタ」が標準搭載されています。

今回ご紹介した以下の〝3段階の機能”から必要なところまで設定して、あなたに合った迷惑メール対策をしてください。

1.迷惑メールの学習をさせる

2.迷惑メールフォルダに自動振り分けする

3.迷惑メールフォルダ内のメールを自動削除する