新しいPCへの引っ越しやOSの再インストールなどで、Thunderbird のデータを「インポート(取り込み)」しようとしていませんか?

Thunderbird は、メール、アドレス帳、パスワード、個人設定、メールフィルタ、アドオンなど、全てのデータを簡単にエクスポート&インポートできます。

それでは、早速インポートする手順を見て行きましょう。

1.MozBackupを使ってインポートする方法

「MozBackup」という移行ツールを使うと、とても簡単にインポートできます。

ただし、エクスポート時にMozBackupを使った場合のみ、MozBackupでインポートできます。
MozBackupを使ったエクスポート方法は、別記事の「MozBackupを使ってエクスポートする方法」を確認してください。

1.まず、Thunderbird のデータをインポートしたいPCに、Thunderbird と MozBackup をインストールします。

2.そして、MozBackupを起動して、「次へ」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

3.「復元(リストア)」を選択して、「Mozilla Thunderbird」を選択し、「次へ」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

4.「参照」をクリックし、

  • thunderbird,インポート

5. MozBackup でエクスポートしたファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

6.バックアップの際にパスワードを設定した場合は、ここでパスワードが聞かれるので入力して、「OK」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

7.「次へ」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

8.すると、インポートできる項目が表示されるので、すべての項目にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

9.「はい」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

10.「完了」をクリックします。

  • thunderbird,インポート

これで、インポートが完了しました。

11.ちゃんとデータがインポート出来ているか確認してみましょう。

Thunderbird を開くと、このようにメールやアカウント情報、そのほかにもアドレス帳やメールフィルタも全てインポートされていました。

  • thunderbird,インポート

2.プロファイルを使ってインポートする方法

プロファイルのフォルダを直接インポートする方法は、別記事の「Thunderbirdのデータを復元する方法」で詳しく説明しているので参考にしてください。

まとめ

とても簡単にインポートできますよね。

ユーザー設定やアカウント設定を手動で設定しなおさず、効率よくエクスポート&インポートしましょう。