「お腹が痛い…」
「大切な用事があるのにどうしよう…」

ノロウイルスが流行する季節は、腹痛に苦しむ人が急増します。ひどい吐き気や下痢が起こり、なかなかトイレから離れられないことも。

この記事では、

  • ノロウイルスで起こる腹痛の特徴
  • 腹痛が続く期間と治療法
  • 腹痛を早く治すための対処法

…を中心にご紹介します。

病院に行く前段階でのノロウイルスの判断基準も取り上げました。突然のお腹の痛みで不安なとき、ぜひ参考にしてください。

同時に起こりやすい下痢については、「ノロウイルスの繰り返す下痢|お腹の波を落ち着かせる5つの対処法」の記事で詳しくご紹介しています。

1. ノロウイルスとは

ノロウイルスとは、11~2 月に流行する感染症です。まずはノロウイルスの特徴や回復までの経過について、ご紹介します。

1-1.ノロウイルスの特徴

ノロウイルスの特徴として、

・感染すると胃腸に炎症が起こる
・汚染された食品、または感染者の吐物や便が原因
・主な症状は吐き気やおう吐、腹痛、下痢

…が挙げられ、微熱や頭痛といった風邪に似た症状が出ることも。

寒い季節に流行するのは、食中毒になりやすいカキを食べる機会が多いことが、一つの要因。

1-2.ノロウイルスの経過

ノロウイルスは自然治癒が基本で、特別な治療法がありません

そのため病院に行ったとしても、吐き気止めの薬と整腸薬が処方される程度。一般的な経過を次にまとめました。

ノロウイルスの経過

・潜伏期間
…ウイルスと接触して 1~2 日後に症状が出る

・初期症状
…こみ上げるような突然の吐き気とおう吐

・治るまでの期間
…2~3 日ほどで症状がなくなる

・感染力が続く期間
…回復後も 2 週間ほど便からウイルスが出る

治るまでの期間には個人差が出やすく、大人と違って子どもやご高齢の方は長引くこともあります

2.ノロウイルスで起こる腹痛の対処法

ここからは、ノロウイルスで起こる腹痛と、ご自宅でできる対処法をご紹介します。

2-1.ノロウイルスで起こる腹痛

ノロウイルスで起こる腹痛は、

・みぞおちの辺りをチクチクと刺すような不快感
・おへその下がギューっと締め付けられるような痛み

…といった特徴があります。ただし痛みの感覚には個人差があるため、こういった特徴だけにとらわれないことも大切です。

2-2.自宅でできる 5 つの対処法

ノロウイルスで腹痛があるときの自宅での過ごし方や心がけとして、ここでは、

  • トイレとの向き合い方
  • 水分と栄養の摂り方
  • 薬の選び方
  • 睡眠のとり方
  • 自宅での過ごし方

…を、ご紹介します。

◆ トイレとの向き合い方

ノロウイルスで腹痛があるときに最も大切なのは、

・トイレは我慢せず、便意を感じるたびに行く
・その都度しっかりと出し切る

…という点です。

初期段階では特に症状が激しく、数分ごとに起こる吐き気や便意のせいで病院に行けなかった、とのケースも珍しくありません。

トイレを繰り返すのは非常につらいですが、落ち着くまで耐えてください。

ノロウイルス,腹痛  おう吐が続く場合

下痢を繰り返すのに比べて、おう吐が連続すると体力を消耗しやすい。我慢する必要はないが、吐いた直後は口の中をよくすすぐなど清潔を心がけること。

◆ 水分と栄養の摂り方

お腹の痛みがあるときの水分は、

・最初のおう吐から数時間は水分を控える
・吐き気が落ち着いたら一口ずつゆっくりと飲む
・経口補水液またはスポーツドリンク
(水で 3 倍に薄めたもの)を選ぶ

…としてください。

ただし下痢をしている場合は、便から多量の水やミネラル分が出るため、こまめな水分補給を続けて脱水を防ぐことが大切です。

ノロウイルス,腹痛  食事はおう吐がなくなってから

おう吐した場合は、自然な食欲が戻るまで食事は控えること。最初は柔らかいおかゆなどの流動食から試し、しばらくは消化に良いものだけを選ぶと良い。

◆ 薬の選び方

ノロウイルスで腹痛があるとき、特に自己判断で市販の薬を飲むのは避けたほうが良いです。ノロウイルスは基本的に、薬を飲まなくても自然治癒します。

薬に関する注意点

・ノロウイルスで飲まないほうが良い市販薬
…下痢止め、吐き気止め
…ウイルスの排出作用を抑えてしまうため


・ノロウイルスでも飲める市販薬
…『新ビオフェルミン S 錠(ビオフェルミン製薬)などの整腸薬
…腸の働きを整え自然な回復を促す

市販薬を飲む際は、症状やほかに飲んでいる薬などを薬剤師に伝え、アドバイスを受けたうえで選ぶことをおすすめします。

◆ 体の温め方

お腹が冷えると腸が刺激され、さらに便意が起こりやすいため、

・エアコンやストーブなどで室温を快適に保つ
・湯たんぽやカイロなどをお腹に当てて温める
・肌着や毛布の枚数を増やす

…といった方法で、体やお腹を温めてください

湯たんぽやカイロを使用する場合は、タオルやハンカチで包むなどして、火傷をしないよう注意が必要です。

◆ 自宅での過ごし方

ノロウイルスでお腹の痛みがあるときは、無理をしないでゆっくり休むことが一番の回復法です。安静に過ごす際のポイントとして、

・最も楽に感じる体勢で休む
・症状が落ち着いているときに少しでも眠る

…としてください。心地よい姿勢は人によって異なりますが、腹部を圧迫しないためにはうつ伏せを避けたほうが良いです。

3.いつまでも腹痛が続くときには

ノロウイルスは下痢やおう吐と共に、激しい痛みが起こります。

しかし胃腸炎だと思っていたのに症状がいつまでも治らないときは、ほかの原因による腹痛かもしれません

・血便や黒い便が出る
・我慢できないほどお腹の痛みが強い
・症状が 1 週間以上、長引いている

…こういったときには、医師の診断を受けることをおすすめします。

4.まとめ

ノロウイルスの腹痛についてまとめました。

ノロウイルスで起こる腹痛の特徴
  • みぞおち辺りを刺すような不快感
  • おへその下を締め付けるような痛み

5 つのセルフケア
  1. トイレを我慢せず、出し切る
  2. 水分はおう吐がなくなってから少しずつ摂る
  3. 市販の吐き気止め・下痢止め薬は使用しない
  4. お腹まわりを温める
  5. 痛みが和らぐ体勢で休む

ノロウイルスで起こる腹痛は、症状が不快でしかも痛みが激しいことから、苦しい状態が続きやすいです。しかしその痛みは、体がウイルスを排出するために必要なもの。

時間の経過と共にだんだんと落ち着きますので、過ぎ去るまで耐えて、しっかりと治してください。

◆ 参考文献