「ノロウイルスってどこで感染するの?」
「うつらないために何ができる?」

冬になると流行が話題になるノロウイルスですが、具体的にどう予防すれば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

ノロウイルスは腹痛や下痢、おう吐など胃腸に激しい症状が出ます。そのためかかったことのある方は特に、もう二度と繰り返したくないと願うもの。

この記事では、

  • ノロウイルスに感染する理由
  • 感染を防ぐ方法
  • 感染予防に役立つ消毒グッズ

…を中心に、ご紹介します。

ノロウイルスの特徴を理解し、今シーズンの感染予防にぜひ役立ててください。

1.ノロウイルスとは

一般的に『ノロウイルス』と言われるのは、原因となる病原体のノロウイルスによる、食中毒や感染症のこと

ノロウイルスは主に腸で増殖し、そこで炎症を起こします。そのため腹痛や下痢、吐き気やおう吐といった症状が強く現れます。

ノロウイルスの特徴としては、

  • 11~2 月にかけて流行する
  • ウイルスが丈夫で、強い感染力をもつ
  • 同じ人が何度も感染する

…といったことが挙げられます。症状が現れるのは、感染して半日から3日後です。

また、ノロウイルスには特効薬はありません。そのため、治療法は水分を摂りながら安静に過ごすこと。回復までには通常、3 日間ほどかかります。

ノロウイルス,感染  治った後も周囲に感染する可能性がある

ノロウイルスは感染してから 1 週間程度、便中にウイルスを排出し続ける。特に発症後 3 日間は感染力が非常に強いため、症状が治まった後も注意が必要。

ノロウイルスの詳しい症状については、「ノロウイルスの症状|7つのセルフチェックとすばやく治すベストケア」の記事でご紹介しています。

2.ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは多くの場合、口から体内に侵入します

感染に至るまでの経路は、

  • 食品からの感染(食中毒)
  • 接触感染
  • 空気感染

…このように大きく 3 つ。それぞれについて、詳しくご説明します。

2-1.食品からの感染

食品からの感染(食中毒)は、大きく 2 つに分けられます。

  • もともと汚染されていた食材
    …カキなどの二枚貝や井戸水など、ウイルスを蓄積した食材を生または十分に加熱しないで食べた場合
     
  • 調理者や食品加工者による汚染
    …すでに感染している人が十分に手を洗わず調理し、その結果ウイルスが付着した料理を食べた場合

このように感染する理由は、ノロウイルスが熱や酸に対して強い性質であることが関係しています。

ノロウイルス,感染 「カキが原因」のイメージが強い理由

ノロウイルスの流行時期がカキ(真牡蠣)の旬の季節と重なり、生で食べる機会が多い影響だと推測されている。

2-2.手についたウイルスによる感染

手や指に付いたウイルスによる感染(接触感染)では、主に次のような状況が考えられます。

  • 吐物や便を処理する際の感染
    …感染した人の吐物や便に触れ、手を介してウイルスが口に入った場合
     
  • 多くの人が触れる物による感染
    …感染した人が触った物が汚染され、それを触った手からウイルスが口に入った場合

このように、目には見えないところにも付着するのがノロウイルスの特徴の一つです。

ウイルスが付着しやすい場所

トイレの鍵、水を流すレバー、ドアノブ、手すり、電車のつり革、リモコン、電源スイッチ、エレベーターのボタン など

2-3.空気中のウイルス吸引による感染

ウイルスが付いた物を手で触れるだけではなく、汚染された空気を吸い込むことでも感染します。

考えられる主な状況は、次の 2 つがあります。

  • 飛沫感染
    …目の前で感染者がおう吐や下痢をし、吐物や便の中に含まれるウイルスを吸い込んだ場合
     
  • 塵埃感染(じんあいかんせん)
    …正しく処理されなかった汚物に含まれるウイルスがチリやホコリとなり、それを吸い込んだ場合

こうした空気感染は特に、狭く閉ざされた空間で起こりやすいです。また、一度汚染された衣服や寝具には、その後もウイルスが数日から数週間生存しているおそれがあります。

ノロウイルス,感染  注意したいのは公衆トイレ

ノロウイルスは感染者の便からおよそ 10 日、長いと 1 か月ほど体外に放出される。そのため、多くの人が利用する公衆トイレでは特に感染が広まりやすい。

3.ノロウイルスを防ぐための4つの対策

ここからはノロウイルスの感染を防ぐ、

  • 正しい調理法
  • こまめな手洗い
  • マスクの着用
  • 消毒液の活用

…といった、4 つの方法をご紹介します。

◆ 正しい調理法

食品からの感染を防ぐためには、食材を正しく調理することが大切です。

調理する際は、

  • すでに感染している人は調理しない
  • 手洗いはもちろんのこと、調理器具や設備も清潔に
  • カキや井戸水など、原因となりやすい食材は避ける
  • 食材の中まで火が通るように、しっかり加熱する

…といったことを意識してください。

特にノロウイルスは、食中毒の原因となるほかの細菌などと比べ、熱に強い性質があります。食品の中心部までしっかり熱が入った状態で 1 分以上加熱することが重要です。
※ 感染の原因となりやすいカキなどは、中心部が 80~95 ℃になった状態で 90 秒以上の加熱が望ましい。

ノロウイルス,感染  自炊ができないときには

流行期に外食や弁当を購入する場合、できるだけ店舗がキレイで、衛生管理が徹底されていそうなお店を選ぶこと。

◆ 手洗い

食あたりのイメージが強いノロウイルスですが、実際は人から人にうつるケースのほうが多いです。

要因の一つである接触感染を防ぐには、手から口へウイルスを移動させないことが重要です。以下の順序で、石けんを用いた手洗いを行ってください。

正しい手洗いの方法
  1. 石けんを泡立てる
  2. 手のひら・甲、指の間、親指、指先、爪、手首を洗う
  3. よくすすいだ後、ペーパータオルで水分を拭き取る
  4. アルコール消毒液を手になじませ、しっかりと乾かす

ノロウイルスはとても小さいため、細かな隙間にも入り込みやすいです。爪の内側や、指の間などは丁寧に洗いましょう。

◆ マスク

飛沫や塵埃など、空気中のノロウイルスを直接吸い込まないためには、マスクの着用が効果的です。

  • 顔との隙間ができないよう、ピッタリと着用する
  • マスクを触れる前後は手を洗う

…これらの点を意識すると良いでしょう。

もし、吐物や便の処理で明らかにウイルスを吸い込んだと思われるときは、早急に手洗いとうがいをしてください。口の中のウイルス量を減らすことで発症の確率を下げることができます。

ノロウイルス,感染  ウイルスは広範囲に飛び散る

感染者がおう吐した場合、または吐物が残されていた場合、処理する人以外はできる限り別室に移動すること。

◆ 消毒液を活用する

物に付着しているノロウイルスに対しては、

  • ペーパータオル
  • 消毒液

…これらを用いるのが効果的。消毒液をペーパータオルと対象物の両方にスプレーして、入念に拭き取るのが良いです。

その際には、キッチンハイター(花王)などの塩素系漂白剤を用いることが推奨されています。

消毒液の作り方

【用意するもの】
・ペットボトル
・水道水…500 ml
・キッチンハイター(花王)…約 2 ml
※ 2 mlの目安は、キャップ半分弱

【作り方】
① ペットボトルにキッチンハイターを入れる
② 水を加え、キャップを締めてよく振れば完成
※ 汚物処理に用いる場合、キャップ2杯分の原液に変更

特におう吐や便を処理する際は、空気中にウイルスが漂っている可能性が高いため、使い捨てのマスクと手袋を必ず着用してください。

4.ウイルス除去に役立つおすすめグッズ

ノロウイルス対策として、ウイルス除去や消毒に有効な商品が販売されています。ここではおすすめグッズを 3 つご紹介します。

① バイバイ菌スプレー(エクセレントメディカル)

あらゆるウイルスや細菌の除菌・消臭に役立つエクセレントメディカルの「バイバイ菌スプレー」。 

通常の次亜塩素酸ナトリウム水に比べて高濃度なため、除菌力が高いのが特徴。食品添加物原料を使っており、赤ちゃん用品の除菌にも使える商品です。

商品詳細

バイバイ菌スプレー
◆ メーカー:エクセレントメディカル
◆ 価格:1,389 円(税抜)
◆ 内容量:500 ml
◆ おすすめ:赤ちゃんのいるご家庭
◆ 買える場所:公式通販
◆ 特徴:次亜塩素酸水、高濃度、除菌・消毒

公式サイトを見る

② ドクトール・クリン(アイワ)

ノロウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスやRSウイルスなどにも有効なアイワの衛生除菌水「ドクトールクリン」。

次亜塩素酸が除菌に適した濃度に希釈されているため、購入後すぐに使えるのが便利。スプレーした後は普通の水に戻るため、体にも環境にもやさしい商品です。

商品詳細

ドクトール・クリン スプレー式
◆ メーカー名:アイワ
◆ 価格:1,296 円(税抜)
◆ 内容量:400 ml
◆ おすすめ:手間をかけずにすぐに使いたい方
◆ 買える場所:公式通販
◆ 特徴:衛生除菌水、強力除菌・強力消毒、無香料

公式サイトを見る

③ 汚物の処理ツール BOX(サラヤ)

万が一のときのために、汚物の処理に必要な物をすべてまとめたサラヤの「汚物の処理ツール BOX」。

使い捨てガウンや手袋、マスクといった処理キットのほか、次亜塩素酸ナトリウム液、おう吐物を固める処理剤などが一式揃っています。

商品詳細

汚物の処理ツールBOX
◆ メーカー名:サラヤ
◆ 価格:5,000 円(税抜)
◆ 内容量:1 セット
◆ おすすめ:一度の購入で全部を揃えたい方
◆ 買える場所:通販
◆ 特徴:汚物処理セット、次亜塩素酸ナトリウム液、おう吐凝固処理剤

公式サイトを見る

5.ノロウイルスの Q&A

最後に、ノロウイルスに関する 6 つの疑問にお答えします。

ノロウイルス Q&A

Q1.どうしてもカキが食べたいときは?

A.加熱したものを選んでください。焼く、蒸す、煮る、揚げる、などの調理が十分に行われていれば感染予防となります。外食においても同様に、生食を控えたほうが良いです。


Q2.よく施設で集団感染するのはどうして?

A.入居者に抵抗力が弱い方が多いためです。特に高齢者は症状が長引きやすく、おう吐や下痢が高い確率で起こるため、感染を次から次へと広げやすいです。


Q3.感染する人としない人がいるって本当?

A.感染しても発病しない人がいます。発病しない人はノロウイルスの型と腸管細胞とが結合しないため、体内でウイルスが増殖しません。それに加えて、健康状態や免疫力も影響すると考えられます。


Q4.子どもが吐いたら、どう対応すればいい?

A.まずはマスクと手袋を着用し、お子さんの口の中に吐物が残っていないか確認してください。できればうがいをさせるのが良いでしょう。その後、吐物の処理に入ります。


Q5.ノロウイルスに効く薬はないの?

A.ウイルスに直接効く薬はありません。現段階では、予防するワクチンも治す薬も開発されていないため、十分な量の水分を摂りながら自然に治癒するのを待つことになります。


Q6.感染後、いつから学校や仕事に行ける?

A.おう吐や下痢の症状が完全に治まった時点から 3 日後が目安です。

6.まとめ

ノロウイルスについて、感染経路と予防のための対策をまとめました。

感染経路
  • 食中毒
    …もともと汚染されていた食材
    …調理者や食品加工者による汚染
     
  • 接触感染
    …吐物や便を処理する際の感染
    …多くの人が触れる物による感染
     
  • 空気感染
    …吐物や便の中に含まれるウイルス
    …汚物が正しく処理されず、乾燥してチリやホコリとなった空気
予防策
  • 正しい調理法を心がける
  • 手洗い・うがいをしっかりとする
  • マスクを着用する
  • 消毒液でウイルスを除去する

ノロウイルスは、正しい対策をすれば予防できます。ご紹介した対策を活かして、流行シーズンを乗り切ってください。

◆ 参考文献

  • 西尾治:施設管理者のためのノロウイルス対策Q&Aブック,幸書房,2013.
  • 井上 栄,中村 明子:ノロウイルス現場対策 その感染症と食中毒,改訂第2版,幸書房,2014.