病院でインフルエンザ B 型と診断されて、

「A型と何が違うの?」
「飲む薬は同じでいいの?」

…などと、初めて聞く B 型に戸惑っていませんか?

インフルエンザ B 型とはインフルエンザウイルスの種類の一つで、A 型とは症状や経過が異なる部分があります。

ここでは、インフルエンザ B 型について、

  • A 型との違い
  • B 型に特徴的な症状とケア

…を、中心にご説明します。

抗インフルエンザ薬の効果や再受診の目安についても取り上げていますので、初めて B 型にかかった際の療養の手引きとして、お役立てください。

1.インフルエンザ B 型とは

インフルエンザ B 型とは、原因となるインフルエンザウイルスを大きく分けたときの種類の一つ。ウイルスの種類は 3 つあります。

1-1.インフルエンザの種類

インフルエンザは毎年冬に流行しますが、B 型は A 型よりも流行のピークが遅く、春先にも感染する可能性があります。

  • A 型
    …かかる人が最も多く、流行しやすい
    …流行時期は 11~2 月
     
  • B 型
    …A 型の次に流行しやすい
    …流行時期は 2 月から春先にかけて
     
  • C 型
    …軽症のため流行が問題になることはない
    …1 年を通して流行する

また A 型ウイルスはさらに 100 以上のタイプに細分化されますが、B 型は 2 つのタイプしかありません。そのため B 型は、A 型に比べて繰り返しかかることは少ないといわれています。

インフルエンザA型については、「インフルエンザA型の回復を早める7つの症状別ケアと療養のポイント」の記事で詳しくご紹介しています。

1-2.B 型の経過と特徴

インフルエンザ B 型の症状は、A 型と共通のものもありますが、B 型に特徴的な症状もあります。

インフルエンザ B 型の症状

◆ B 型で起こりやすい症状
・微熱
・腹痛、下痢
・吐き気、嘔吐

◆ A 型と共通する症状
・38 ℃以上の高熱
・寒気、体のダルさ
・関節痛・筋肉痛、頭痛
・喉の痛み、咳、鼻水

多くは突然の発熱や寒気などで発症し、症状が落ち着いて治るまでに 7~10 日かかります

また B 型の経過には、

  • 熱が下がりにくい
  • 一旦解熱しても再び発熱しやすい
  • 腹痛や吐き気などの消化器症状が現れやすい

…といった特徴があります。

2.B 型に特有の症状

ここからは B 型に特徴的な、

  • 発熱傾向(ぶり返し、解熱しにくい)
  • 消化器症状

…について、現れやすい方や症状の傾向をご紹介します。

2-1.発熱の傾向

インフルエンザ B 型で特徴的な症状は 2 つあります。

① 熱がぶり返しやすい

一旦熱が下がっても翌日以降に再度、熱がぶり返すことを「二峰性発熱(にほうせいはつねつ)」といいます

はっきりした原因は不明ですが、A 型に比べて、B 型に多くみられることが分かっています。

専門機関による過去の調査では、二峰性発熱の発生頻度は「 A 型:3.7 %」「 B 型:19.0 %」という結果もあります。

二峰性発熱は、

  • 小学生以下に多くみられる
  • 年齢が低いほど、高確率で起こりやすい

…といった傾向があります。

② 熱が下がりにくい

インフルエンザでは、3~5 日で解熱するのが一般的。ただし B 型は、インフルエンザウイルスが体内に長く残りやすいため、解熱までに時間がかかることがあります

専門機関による過去の調査では、発熱期間の長期化が起こる頻度は「 A 型:2.5 %」「 B 型:11.1 %」という結果が出ています。

こうした発熱傾向も、大人よりも子どもの場合に起こりやすいとされています。

2-2.腹痛や吐き気

インフルエンザ B 型では、

  • 腹痛、下痢
  • 吐き気、嘔吐

…といった消化器症状が出やすい傾向があります。

消化器症状の特徴

・腹痛、下痢
…胃がシクシク・キリキリ痛む
…急に便意をもよおし、水気の多い便が出る

・吐き気、嘔吐
…胃から喉にかけてむかむかする

こうした症状もやはり、大人よりも子どもに現れやすいとされています。

3.B 型に特有な症状のセルフケア

ここからは、B 型の療養に役立つ、

  • 発熱のセルフケア
  • 消化器症状のセルフケア

…を、ご紹介します。

3-1.発熱のセルフケア

セルフケアのポイントは、

  • こまめな水分補給
  • 正しいタイミングで体を温める/冷やす

…です。特に体を冷やすタイミングが早すぎると、熱が上がりきらず、二峰性発熱や症状が長引く要因になります

発熱のセルフケア

◆ こまめな水分補給
…ミネラル入りの水分を、喉の渇きを目安に摂取する
…オーエスワン(大塚製薬)、アクアサポート(明治)、ポカリスエット(大塚製薬)、アクエリアス(コカ・コーラ)

◆ 体を温める
…肌着や毛布を 1 枚増やす
…暑さを感じ始めるか、または汗が出始めるまで温める

◆ 体を冷やす
…氷枕で首や脇の下を冷やす
…冷却シートをおでこに貼る

インフルエンザの発熱は、体が増殖するウイルスを抑え込もうとしているために起こります。解熱薬で熱を下げると治りが悪くなるおそれがあるため、できるだけそれ以外の方法で対処することをおすすめします。

3-2.消化器症状のセルフケア

セルフケアのポイントは「水分補給」です。特に下痢や嘔吐があると、体内の水分や塩分が大量に失われます。経口補水液やスポーツドリンクを継続して摂るようにしてください。

発熱のセルフケアでもご紹介した、

  • オーエスワン(大塚製薬)
  • アクアサポート(明治)
  • ポカリスエット(大塚製薬)
  • アクエリアス(コカ・コーラ)

…といった商品がおすすめです。

腹痛、下痢のセルフケア

・痛む部分を温める
・腹部を締め付けない服を着る
・飲み物は常温またはホットにする
・食事はおかゆやスープなど消化しやすいものを選ぶ


吐き気、嘔吐のセルフケア

・吐き気があるときには我慢しない
・吐いた後は口をゆすぐ
・無理に食事を摂らない

消化器症状があるときのおすすめレシピは、「インフルエンザの回復に効く食べ物10選|症状別レシピとNG食材」の記事でご紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

4.抗インフルエンザ薬の効果

A 型と B 型どちらの場合も、病院でインフルエンザと診断されれば「抗インフルエンザ薬」が処方されます。

抗インフルエンザ薬の種類

◆ タミフル
…錠剤
…0~10 歳未満、20 歳以上で服用可能

◆ イナビル
…吸入剤
…1 歳以上で服用可能

◆ リレンザ
…吸入剤
…5 歳以上で服用可能

◆ ラピアクタ
…点滴薬
…0 歳以上で投与可能

これらは、体内のインフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあり、服用することで解熱までの期間を 1~2 日早める効果が期待できます

ただし専門家の調査によると、B 型は抗インフルエンザ薬の効果が出にくい傾向があるようです。

A型(香港型)に対する解熱までの時間は 4 剤とも 28 時間前後。それに対して B 型はタミフルとイナビルは約 38 時間、リレンザは 32 時間弱であった。
日本臨床内科医学会「2011-2012シーズンにおける抗インフルエンザ薬の有用性の検討」より

 こうした結果からも、B 型は熱が下がりにくいことが分かります。

5.療養期間の目安

インフルエンザは症状が落ち着いても、体内にウイルスが残っていると他者にうつすおそれがあります。

そのため、

  • 解熱後 2 日以降
  • 発症後 5 日以降

これら両方の条件を満たすまでは、外出を控えたほうが良いとされています。特に B 型の場合は体内にウイルスが残りやすいため、上記期間を厳守してください。

また療養していても、

  • 熱が 5 日間以上続いている
  • 解熱後 3~5 日経っても症状が回復しない

…といった場合は、別の細菌・ウイルスへの感染や合併症の可能性があるので、早めの再受診をおすすめします。

6.まとめ

初めてかかる方も多いインフルエンザ B 型。

A 型との違いは、

  • 発熱を繰り返しやすい
  • 解熱に時間がかかりやすい
  • 消化器症状が現れやすい

…といったことです。

B 型に特有の、発熱と消化器症状のセルフケアをまとめました。

発熱のセルフケア
  • こまめな水分補給
  • 寒気があるうちは体を温める
  • 暑さを感じ始めたら体を冷やす

腹痛、下痢のセルフケア
  • ミネラル入りの水分を摂る
  • お腹を冷やさないようにする
  • 消化しやすい食事を選ぶ

吐き気、嘔吐のセルフケア
  • ミネラル入りの水分を摂る
  • 我慢せず吐く
  • 無理に食事を摂らない

ご紹介したセルフケアで正しく対処して、早くインフルエンザを回復させましょう。

◆ 参考文献