インフルエンザ A 型と診断されて自宅療養中の方。

「薬を飲んでも熱が下がらない…」
「熱は下がったけど咳が止まらない」

…などと、なかなか回復しない状況に不安を感じていませんか?

インフルエンザは時間の経過で現れる症状が変わるため、「症状が治まらない=悪化している」とは言い切れません。

ここでは、

  • インフルエンザ A 型で現れる症状
  • それぞれの症状が続く期間
  • 早く治す方法

…についてご説明します。

今出ている症状がいつ頃に治まるか分かれば、安心して療養に専念できるはずです。

1.インフルエンザ A 型とは

インフルエンザは、原因となるインフルエンザウイルスの違いによって A 型、B 型、C 型の 3 種類があります

今回は、なかでも最もかかる方が多い、A 型を取り上げます。

1-1.インフルエンザの種類

インフルエンザ A・B・C 型はそれぞれ、流行時期や流行のしやすさに違いがあります。

  • A 型
    …かかる人が最も多く、流行しやすい。流行時期は 11~2 月。さらに 100 以上に細分化され、変異しやすい性質がある。
     
  • B 型
    …A型の次に流行しやすい。流行時期は 2~3 月から春先にかけて。
     
  • C 型
    …軽症のため流行が問題になることはない。1 年を通して流行する。

A 型が大流行となりやすいのは、毎年流行するウイルスのタイプが変わりやすく免疫を持たない人が多いためです。

インフルエンザ,A型  型が違えば 2 度かかることも

流行時期が違うため可能性は低いが、ごくまれに A 型と B 型、同時にかかることもある。

インフルエンザB型については、「はじめてのインフルエンザB型ガイド|特徴的な2大症状と対処法」で詳しくご紹介しています。

1-2.A 型の特徴

インフルエンザ A 型では、主に次のような症状が現れます。

A型で現れる症状

◆ 全身症状
38 ℃以上の高熱、寒気・倦怠感、筋肉痛・関節痛、頭痛

◆ 呼吸器症状
…咳、喉の痛み、鼻水

これらの症状は B 型でも現れますが、特に A 型では、

  • 38 ℃ 以上の高熱が出やすい
  • 全身に強く症状が出やすい

…といった特徴が挙げられます。

ちなみに B 型は、A 型に比べて高熱が出ないこともあり、腹痛や吐き気などの消化器症状が現れやすいのが特徴です。

2.A 型の症状と症状が続く期間

一般的にインフルエンザが治るまでには、

  • 発症から解熱まで… 3~5 日
  • 解熱から回復まで… 3~5 日

…といった経過をたどります。

インフルエンザ,A型  抗インフルエンザ薬の働き

体内のウイルスの増殖を抑える働きがあり、服用すると解熱までの期間を 1~2 日早めることができる。服用してすぐ熱が下がるわけではなく、数日かかる。

それぞれの経過別に、A 型で現れやすい症状が続く期間の目安をご紹介します。

2-1.発症から解熱まで

インフルエンザウイルスに感染すると、1~3 日の症状が出ない期間を経た後に、何らかの体の不調が現れます。この段階で発症となり、それと同時に、もしくは続いて急に熱が上がります。

熱が下がるまでは、体内のインフルエンザウイルスが急激に増え続けるため、全身にさまざまな症状が強く現れます。

ただ、いずれの症状も発症から 3~5 日で落ち着くことが多いとされています

「発症から解熱まで」に強く現れやすい症状
  • 寒気や体のダルさ(倦怠感)
    …暖かい室内にいてもゾクゾクする、動くのも苦痛に感じるほど体がだるい
     
  • 38 ℃ 以上の高熱
    …急に熱が上がる
     
  • 関節痛や筋肉痛
    …転んだりどこかにぶつけたりしていないのに、体のふしぶしが痛む
     
  • 頭痛
    …部分的でなく全体的な頭の痛み
     
  • 喉の痛み
    …唾を飲み込むのもつらいほどの痛み

こうした症状は、体がウイルスと闘っているために起こるものです。『回復に必要な過程である』ということを理解して、焦らず療養してください。

2-2.解熱から回復まで

解熱は、体内のインフルエンザウイルスの増殖が『ある程度落ち着いた』という一つのサインです。ただし、まだ完全にウイルスがなくなったわけではありません。

熱が下がってからは、体内に残ったウイルスを外に出すための症状が現れます。いずれの症状も、解熱から 3~5 日で治まることが多いようです

もし、症状が発症から 10 日以上経っても治まらない場合は、重症化や合併症の可能性があるため、早めに病院に行くことをおすすめします。

「解熱から回復まで」に強く現れやすい症状
  • 鼻水、鼻づまり
    …初期にも出やすい
    …次第に黄色く粘り気のある鼻水になり、そのため鼻づまりも起こりやすい
     

  • …ゴホゴホとむせるような咳き込み方になりやすい
     

  • …からむような痰が咳と共に出やすい

解熱後に現れやすいのは、こうした鼻や喉の呼吸器症状です。特に、病院で処方される抗インフルエンザ薬を服用していない場合には長引きやすい傾向にあります。

2-3.外出を控えるべき期間 

インフルエンザは症状が治まり、体内のウイルス量が周囲に感染力を持たない程度にまで減ると『治った』と判断できます。

判断するための基準は、

  • 解熱後 2 日が経過する
  • 発症後 5 日が経過する

…の 2 つがあり、両方を満たすまでは「外出を控えたほうが良い」とされています
※ 子どもの場合、上記期間は「出席停止」として自宅待機が定められている。

すでに病院に行き、医師から療養日数を伝えられている方は、それに従ってください。療養日数が分からない方は、上記の期間を参考にしましょう。

3.早く治すためには

インフルエンザは回復までに 7~10 日かかるのが一般的ですが、「もっと早く治したい」と思う方も多いでしょう。

ここからは、回復までの期間を早めるための、

  • 症状別ケア
  • 療養の基本

…について、ご紹介します。

3-1.症状別のセルフケア

たとえば食事や睡眠が妨げられるほど症状が強いと、インフルエンザの回復を遅らせる原因に。

ご紹介する方法で、特に強く現れている症状を和らげてください。

「発症から解熱まで」に現れやすい症状
  • 寒気や発熱
    …まずは体を温め、暑さを感じ始めたら冷やす
     
  • 関節痛や筋肉痛
    …痛む場所を氷枕で冷やす
     
  • 頭痛
    …氷枕や冷却シートで頭を冷やす
     
  • 喉の痛み
    …マスクを着ける、のど飴を舐める
    「解熱から回復まで」に現れやすい症状

・鼻水や鼻づまり
…我慢せず出し切る、鼻を蒸しタオルで温める

・咳
…水分補給、マスクを着ける、上半身を起こす

・痰
…水分補給、お腹に力を入れながら強く咳をして出し切る

3-2.療養のポイント

自宅で過ごす際には、自然な解熱を促し、ウイルスと闘うための体力と免疫力を維持することが重要です。

それぞれの具体的な方法をご紹介します。

早く治すための療養のポイント

◆ 自然な解熱を促す
・肌着や毛布の枚数を増やして体を温める
・暑さを感じ始めたら氷枕や冷却シートで脇や首を冷やす
・経口補水液やスポーツドリンクをこまめに飲む

◆ 体力を保つ
・睡眠時間を十分にとる
・できるだけ横になり安静にする

◆ 免疫力を保つ栄養を摂る
・キャベツ、みかん、キウイなどのビタミンC
・納豆、オクラ、山芋などのネバネバ食品
・にんにく、ねぎ、たまねぎなどの鼻にツンとくる野菜

インフルエンザの回復に役立つ食べ物は、「インフルエンザの回復に効く食べ物10選|症状別レシピとNG食材」の記事で、詳しくご紹介しています。こちらもぜひ、参考にしてみてください。

4.まとめ

インフルエンザ A 型で現れる経過別の症状と、それらの症状が続く目安をまとめました。

◆ 発症から解熱まで

・寒気や体のダルさ
・38 ℃以上の高熱
・関節痛や筋肉痛
・頭痛
・喉の痛み

… 3~5 日間続く

◆ 解熱から回復まで

・鼻水や鼻づまり
・咳
・痰

… 3~5 日間続く

十分な睡眠と安静、そして水分と栄養補給をしっかりと行えば、1 週間ほどで快方に向かいます。今は焦らず、心も体もゆっくり休ませてあげましょう。

◆ 参考文献