夏に熱が出たり喉が痛くなったりすると「夏風邪でも引いたのかな…」と思う方は多いはず。

でも、思いのほか高熱が出たりすると、

「ただの風邪とは違うの?」
「もしかして、インフルエンザ?」

…と、不安になりますよね。

インフルエンザは冬に流行するのが一般的ですが、夏にかからないわけではありません。

ここでは、

  • 夏でもインフルエンザにかかる可能性
  • 夏風邪との見分け方

…について、ご紹介します。

インフルエンザであれば病院で診察を受け、薬を服用することで早い回復が期待できます。


1.夏でもインフルエンザにかかる理由

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因となる感染症です。毎年、11~3 月にかけて流行しますが、この時期だけにウイルスが発生するわけではありません。

ウイルスは年中存在しているため、夏でもインフルエンザにかかる可能性はあります

冬に流行しやすいのは、空気の乾燥により鼻や喉の防御機能が低下するからだといわれています。

一方で、東南アジアや沖縄など一年を通して暖かい地域では夏の流行事例も。流行時期は、気候だけでなく人口密度や人の移動数、体調なども関係すると考えられています。

2.夏風邪との見分け方

夏は冷房による室内外の温度差や、夏バテによる食欲不振で体の抵抗力が落ちやすい季節です。

また、冬に比べて手洗いやうがいなどの予防意識が低いこともあり、夏風邪をはじめ体調を崩しやすくなります。

2‐1.インフルエンザの主症状と特徴

まずは、インフルエンザの主な症状をご紹介します。

インフルエンザにかかると、一般的に風邪より重い症状が現れます

インフルエンザの症状

◆ 全身症状
…38 ℃以上の発熱、寒気、体のダルさ、関節痛・筋肉痛、頭痛

◆ 呼吸器症状
…喉の痛み、咳、鼻水

◆ 消化器症状
…腹痛、下痢、吐き気、嘔吐

インフルエンザを疑う一つの特徴としては、発熱や寒気、体の痛みといった全身症状が前触れなく急に現れることです。

こういった症状は冬のインフルエンザと同様であり、季節による違いはありません

インフルエンザ,夏  ウイルスに感染する2つのルート

インフルエンザをはじめ感染症の多くは、主に 2 つの感染経路がある。

◆ 飛沫感染…感染者の咳やくしゃみなどに含まれるウイルスを吸い込む
◆ 接触感染…ウイルスの付いた物に触れた手を介してウイルスが体に入る

こうした感染経路を把握することで、予防行動に活かすことができる。

2‐2.間違えやすい 5 つの夏風邪

インフルエンザウイルスに限らず、感染症の原因となるウイルスや細菌などは年中、存在しています。

ここからは、夏に流行する感染症や起こりやすい不調のなかで、インフルエンザに似た発熱などの症状が出やすい、

  • 咽頭結膜炎
  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • 細菌性食中毒
  • 熱中症

…の 5 つをご紹介します。

それぞれの感染時期や特徴、インフルエンザとの見分け方を中心に取り上げますので、夏に体の異変を感じたとき、参考にしてください。

① 咽頭結膜炎

6 月末から夏季に流行するウイルス感染症。発熱のほかに、喉の痛みや目の充血が現れるのが特徴です

水を介してもうつるため「プール熱」ともよばれます。

◆ 主な症状
…発熱(39 ℃前後)、目の充血、喉の痛み、頭痛

◆ かかりやすい人
…5 歳以下

◆ インフルエンザとの違い
…目の充血が現れる
…結膜炎に伴い、目ヤニや涙がよく出る
…まぶしく感じるといった普段とは違う目の異変が現れる


② ヘルパンギーナ

5~6 月に流行するウイルス感染症。強い喉の痛みと、口の中に吹き出物や水ぶくれができるのが特徴です

回復した後も、約 4 週間は便からウイルスが排出されるため、処理する際に手指を介して感染する場合もあります。

◆ 主な症状
…突然の発熱(39 ℃以上)、喉の痛み、口の中の吹き出物(発疹)や水ぶくれ(水ほう)

◆ かかりやすい人
…5 歳以下
…二次感染で大人がかかることも

◆ インフルエンザとの違い
…飲食物を飲み込めないほどの強い喉の痛み
…喉の奥に吹き出物や水ぶくれができる


③ 手足口病

7 月をピークとした夏季に流行するウイルス感染症。病名のとおり、口の中、手のひら、足の甲や裏に水ぶくれができるのが特徴です

ヘルパンギーナと同様に、回復後も約 4 週間は便からウイルスが排出されるため、処理する際に手指を介して感染する場合もあります。

◆ 主な症状
…発熱、口の中・手・足の甲や裏の水ぶくれ、喉の痛み

◆ かかりやすい人
…4 歳以下
…まれに大人もかかる

◆ インフルエンザとの違い
…口の中、手、足の裏にできる水ぶくれ

④ 細菌性食中毒

夏場は、細菌が原因で感染する細菌性食中毒の発生が多くなります。これは、細菌の多くがジメジメとした蒸し暑い環境で活発となるためです

細菌が増殖した食品を食べることで、感染します。

◆ 主な症状
…腹痛、下痢、吐き気、嘔吐
…細菌の種類によっては発熱する場合もある

◆ かかりやすい人
…疲れや睡眠不足、風邪ぎみといった体調不良の人

◆ インフルエンザとの違い
…下痢、腹痛、吐き気など消化器症状が強く現れる
※ インフルエンザでは発症初期から消化器症状が現れることは少ない

以下に、夏季に流行しやすい細菌性食中毒と主症状をまとめました。

◆ 夏に流行しやすい食中毒        
※ 太字は特に強く現れる症状

菌名 原因物質 主な症状
O157(腸管出血性大腸菌) 加工食肉製品・水耕野菜 血便腹痛、水様便、吐き気・嘔吐、発熱
ウェルシュ 大量調理で食前不加熱(カレー、シチューなど) 水様便、吐き気・嘔吐、腹痛
カンピロバクター 肉類(特に鶏肉)、飲料水 血便、膿・粘液便、吐き気・嘔吐、腹痛、発熱
サルモネラ 鶏卵、肉類(特に鶏肉) 発熱、血便、膿・粘液便、水様便、吐き気・嘔吐、腹痛
セレウス 米などの穀類や香辛料 吐き気・嘔吐
腸炎ビブリオ 生食魚介類 吐き気・嘔吐腹痛、血便、膿・粘液便、水様便、発熱
ブドウ球菌 調理者を介在(おにぎり、サンドイッチ) 水様便吐き気・嘔吐、腹痛
ボツリヌス 魚肉発酵食品(いずし)、肉類の缶詰、瓶詰め、真空パック、蜂蜜 吐き気・嘔吐

認定NPO法人 セルフメディケーション・ネット HP「細菌性食中毒〈今月の健康情報〉」.より一部抜粋・編集。


⑤ 熱中症

感染症ではありませんが、体のほてりや急な体調不良を招く熱中症。直射日光や高温多湿が原因です。

注意したいのは、運動後や屋外だけに起こるものではなく、屋内にいても症状が現れる可能性があることです

◆ 主な症状
…めまい・失神、筋肉痛・筋肉のけいれん、大量の発汗、頭痛、吐き気・嘔吐、体のダルさ、体のほてりや体温上昇

◆ かかりやすい人
…高齢者、乳幼児、持病のある人

◆ インフルエンザとの違い
…めまい、時に失神が起こる
…軽度の熱中症では体温上昇はあまり認められない
…高体温や意識障害、けいれん、運動障害がみられる場合は重度のため救急車を呼ぶこと

2‐3.もしインフルエンザの症状が出たら

ここまでにご紹介した症状などから、インフルエンザや夏風邪の可能性があれば、病院で診察を受けることをおすすめします。

受診する診療科は、

  • 内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 小児科
  • 症状に合わせて呼吸器内科や消化器内科など

…といったところが良いでしょう。

インフルエンザが疑われる場合は、夏でも病院で感染の有無を調べる検査が受けられます。感染していればタミフルなどの抗インフルエンザ薬が処方され、服用することで回復までの期間を早める効果が期待できます。

インフルエンザ,夏  インフルエンザの受診は 2 日以内に

インフルエンザは発症からの時間によって、検査の正確性や薬の効き目が異なるため、発症後、半日から 2 日以内のタイミングで受診するのが良い。


3.インフルエンザを含む夏の感染症対策

ここからは、インフルエンザなど主に感染症にかからないための予防策についてご紹介します。

夏の感染症対策のポイントは、

  • 感染経路を断つこと
  • 免疫力を維持すること

…の 2 つです。

免疫力とは、ウイルスや細菌などが体に入ったときに、それらに対抗する体の防御機能です。こうした免疫力は、食事や生活習慣、運動などによって低下を防ぐことができます。

感染経路を断つ方法

◆ 手洗い
…石けんを使って 15 秒以上かけて洗う
…感染の原因になりやすい食事前、調理前、帰宅時は徹底する

◆ うがい
…口の中をすすいだ後、ガラガラうがいを 15 秒以上
…トイレや食事前後のタイミングでこまめに行うと良い

◆ マスクの着用
…飛沫が飛び交う繁華街など人混みに行くときに着けると良い
…疲れや睡眠不足、夏バテなどで体調がすぐれないときも


免疫力を維持する方法

◆ 適度な冷房使用
…設定温度は「外気温マイナス 3~4 ℃」を目安に
…カーディガンなどを羽織って冷風を直接受けないように

◆ 免疫力を高める栄養を摂る
…キャベツ、キウイ、みかんなどのビタミン C
…ほうれん草、にんじん、かぼちゃなどのベータカロテン

◆ 十分な睡眠
…目安は 7 時間以上
…夜更かしせず 0 時前までに就寝する

また夏場は、汗とともに体内の水分やミネラルが失われます。不足状態が続くと脱水や熱中症などの体調不良の原因に。

ミネラルも同時に補える、経口補水液やスポーツドリンクをこまめに摂取しましょう

4.まとめ

夏でもインフルエンザになる可能性はあります。

インフルエンザに似た発熱などの症状が現れる、夏風邪をまとめました。

インフルエンザと間違えやすい夏の体調不良

◆ インフルエンザ
…38 ℃以上の発熱、寒気、体の痛み、喉の痛み、鼻水 など

◆ 咽頭結膜炎
…39 ℃前後の発熱、喉の痛みや目の充血 など

◆ ヘルパンギーナ
…突然の発熱、強い喉の痛みと口の中の吹き出物や水ぶくれ など

◆ 手足口病
…発熱、口・手・足の水ぶくれ など

◆ 細菌性食中毒
…吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱 など

◆ 熱中症
…めまい、筋肉のけいれん、発汗、頭痛、吐き気 など

それぞれに、特徴的な症状があります。インフルエンザに関わらず、急な体調不良のときは早めに病院に行きましょう。

こうした感染症などに対する予防行動が疎かになりがちな夏。ご紹介した対策を意識して、元気に過ごしてください。

◆ 参考文献