インフルエンザが流行する時期。

「子どもがかからないか心配」
「大事な予定があるから、絶対にかかりたくない」

…と、思っている方も多いのではないでしょうか?

例年以上にインフルエンザが猛威を振るうなかで、本当に効果のある予防法を知りたいですよね。

ここでは、

  • インフルエンザの 9 つの予防法
  • おすすめ予防グッズ

…をご紹介します。効果が実証されているものを中心に取り上げますので、ご自身やご家族のインフルエンザ予防に、ぜひ参考にしてください。

1.インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが体内に入ることで感染・発症します。

発症から回復までにかかる期間は、平均して 7~10 日。そのため、小さなお子さんや受験を控えた学生さんは、特に注意が必要です。

インフルエンザ,予防  インフルエンザの流行シーズン

11~12 月 感染者が増え始める
1〜2 月   流行のピークを迎える
2~3 月   春先まで流行する

インフルエンザウイルスは低温低湿な環境で感染力が強くなるため、気温や湿度が下がり始める 11 月から流行し始めます。

1-1.インフルエンザの感染経路と症状

インフルエンザの予防法を考える前にまず、

  • インフルエンザの感染経路
  • インフルエンザの症状

…の 2 つをご説明します。

◆ インフルエンザの感染経路

インフルエンザウイルスは、3 つの感染経路をたどって体内に入ってきます。

インフルエンザの感染経路

① 飛沫感染
…咳やくしゃみに含まれたウイルスを吸い込むことで感染する

② 接触感染
…ウイルスの付着したものに触り、その手で粘膜(口や目)に触れることで感染する

③ 空気感染
…空気中に浮遊しているウイルスを吸い込むことで感染する
※ ただ、空気感染は限られた環境下でしか起こらないため、上の 2 つの感染経路に比べて感染の確率は低い。

インフルエンザにかからないためには、それぞれの感染経路を意識した予防をする必要があります。

◆ インフルエンザの症状

インフルエンザの症状は、風邪よりも重いのが特徴です。さらに、経過によってその症状も変化します。

インフルエンザの症状

① 全身症状
…急激な高熱(38 ℃以上 )、寒気、倦怠感、関節痛・筋肉痛、頭痛

② 呼吸器症状
…咳、喉の痛み、鼻水

③ 消化器症状
…腹痛、下痢、吐き気・嘔吐

インフルエンザの詳しい症状や対策については、「症状からインフルエンザを判断する方法と今すぐできるセルフケア3選」で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

1‐2.インフルエンザ予防の 2 つのポイント

インフルエンザ予防を考える際の重要なポイントは、

  • ウイルスの感染経路を断つこと
  • 免疫力を低下させないこと

…の 2 つです。

感染経路を断ち、自分の免疫力を低下させないことが、とても重要です。

次は、具体的なインフルエンザの予防法をご紹介します。

2.インフルエンザの予防法

ここでは、

  • 感染経路を断つ方法
  • 免疫力を低下させない方法

…の 2 つのポイントに分けて、インフルエンザの予防法をご紹介します。ぜひ、今日からはじめてみてください。

2-1.感染経路を断つ方法

インフルエンザは、ウイルスが感染経路をたどって体内に侵入することで発症します。ここでは、その感染経路を断つ方法として、
  • 手洗い
  • マスクの着用
  • 部屋の加湿
  • 身の回りのウイルス除去・消毒
  • 人混みを避ける

…の 5 つをご紹介します。

① 手洗い

石けんで 15〜30 秒間手を洗うと、ウイルスや細菌は 1/10〜1/100 に減ることが分かっています。

感染のリスクを下げるためにも、食事前や外出後は石けんを使った手洗いを心がけましょう。

手を拭くときも、タオルは共用せずに分けるか、ペーパータオルを使用するようにしましょう。

※ 予防に良い石けんとは
固形石けんはの表面に泡が残り、その泡にウイルスが付着していた場合、感染するおそれがあります。液体石けんやジェル状の除菌液の使用がおすすめです。

インフルエンザ,予防  うがいの効果は専門家でも意見が分かれる

インフルエンザ予防をするには、※ 約 20 分に 1 回うがいをする必要があります。
※ インフルエンザウイルスが気管に入ると、約 20 分で粘膜に達し感染するため。

ただ、うがいによって喉が洗浄・保湿され、粘膜の防御性を維持できる点では習慣にするメリットがある。

② マスクの着用

マスクの着用は、

  • 口や鼻からのウイルスの侵入を防ぐ
  • 鼻や喉を保湿する

…の 2 つの効果があります。

「ウイルスの侵入を 100 %防ぐ」ということはできませんが、市販されている一般的なマスクで、おおよそブロックすることができます。

ただ、隙間があるとそこからウイルスを吸い込んでしまうおそれがあるため、サイズの合ったマスクを隙間なく着用することが大切です。

③ 部屋の加湿

インフルエンザウイルスは、湿度 50~60 %で活動性が低下することが分かっています。

通常、冬における室内の平均湿度は 49 %。予防の目安となる湿度に比べて、若干低いようです。

  • 加湿器を使用する
  • 濡れたタオルや衣類を室内に干す

…といった方法で、部屋の湿度を意識しましょう。

④ 身の回りのウイルス除去・消毒

カバンに入れる持ち物や、自宅のドアノブなどは定期的に除菌シートで拭き取ることで予防になります。

インフルエンザウイルスに対しては、アルコールによる消毒が有効です。赤ちゃんや小さなお子さんがいる場合は、ウイルス除去にプラスしてアルコール消毒も行うと安心です。

インフルエンザ,予防 「除菌」と「消毒」の違い

・除 菌
…ウイルスや細菌を洗い流したり拭き取ったりして物理的に除去すること

・消 毒
…ウイルスや細菌を減少させ、感染力をなくすこと

⑤ 人混みを避ける

繁華街や電車内などの人混みでは、近距離でウイルスを含んだ飛沫が飛び交う可能性があります。

  • 人が多く集まる場所には出かけない
  • やむを得ず外出する場合は、必ずマスクを着用する
  • 帰宅後はすぐに手洗をする

…などを行って、万全な予防策をとりましょう。

2-2.免疫力を低下させない方法

インフルエンザ予防には、免疫力を低下させないことも重要です。ここでは、その方法として、

  • 免疫力 UP に働く食事
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない

…の 4 つをご紹介します。

免疫力があれば、感染や発症する前にウイルスを排除することができます。

⑥ 免疫力 UP に働く食事を摂る

免疫力 UP には、

  • ビタミン C
  • ビタミン A
  • ビタミン D

…といった栄養素が効果的です。これらのビタミンを積極的に摂り、一日三食バランスの良い食事を心がけましょう。

インフルエンザ予防に役立つ 3 つのビタミン

◆ ビタミン C
…喉の乾燥を防ぐ
…パセリ、みかん、キウイ、キャベツ など

◆ ビタミン A
…粘膜を強くする
…レバー、ウナギ、アナゴ、牛乳、卵 など

◆ ビタミン D
…免疫機能のバランスを整える
…乳製品、魚、肉、キノコ類 など

また、腸には免疫細胞の約 7 割が存在しているため、腸内環境を整えることも免疫力の維持に役立ちます。

ヨーグルトや発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内環境を整える働きがあるので、毎日の食事に加えてみてください。予防におすすめのヨーグルトについては、「インフルエンザを予防するヨーグルト8選|体に合った乳酸菌の選び方」でご紹介しています。

⑦ 十分な睡眠

睡眠には免疫力を維持するほかに、

  • ストレス解消
  • 「心」と「体」のリフレッシュ

…といった効果があります。

一日 7 時間以上の睡眠をとることで、体をリフレッシュして免疫力を維持することができます。

特に「22~4 時」は免疫細胞の活動性が高まるので、早めの就寝を心がけましょう。

⑧ 適度な運動

運動すると血行が良くなるため体温の低下を防ぐことができ、免疫力 UP につながります。

インフルエンザ,予防  体温と免疫のカンケイ

体温を「1 ℃」上げると、免疫力は「約 6 倍」に UP する。つまり、「体温を下げないこと = 免疫力を下げないこと」でもある。

特に、筋肉の約 7 割がある「下半身」を動かす運動が効果的です。

  • 1 日 30 分ほど歩く
  • エレベーターでなく階段を使う

…など、普段の生活に無理なく取り入れられる運動から始めてみましょう。

「でも、わざわざ外に出るのは面倒くさい…」
「外出してインフルエンザにかかったら嫌だな…」

…と思っている方は、自宅でもできる「スクワット」や「空気椅子」を試してみてください。

⑨ ストレスを溜めない

ストレスを受けると自律神経が乱れ、免疫力の低下につながります。そのようなときは、

  • 好きな音楽を聞く
  • 部屋の照明を暗くする
  • 疲れを感じたときは深呼吸をする

…といった方法でリラックスして、ストレスを溜めないようにしましょう。

2-3.予防接種の効果

ここまでご紹介した方法とは別に、予防接種を受けることも重要です。

インフルエンザの予防接種を受けることで、

  • 発症率を下げることができる
  • 感染しても重症化を防ぐことができる

…の 2 つの効果が期待できます。

インフルエンザの予防接種

・接種の時期
…流行が始まる 12 月までが目安

・費用
…3,000〜5,000 円ほど
※ 65 歳以上もしくは 60〜64 歳で持病のある人は、一部公費負担で接種することができる(定期接種)

・回数
…13 歳未満は 2 回
 13 歳以上は 1 回


・副作用
…注射部位の赤み、腫れ、痛み、発熱、頭痛、寒気、倦怠感

・接種に注意が必要な人
…明らかな発熱がある人
…重い急性疾患にかかっている人
…過去にアナフィラキシーを起こしたことがある人
※ 生後 6 か月未満は接種できない(妊婦は接種可)

特に高齢の方は感染すると重症化しやすいため、事前に予防接種を受けておくことをおすすめします。

インフルエンザの予防接種について詳しくは、「インフルエンザの予防接種|6つの疑問と接種後の注意点を全解説」を参考にしてください。

次は、これらの対策にプラスしたい予防グッズをご紹介します。

3.インフルエンザ予防グッズ 8 選

ここでは、インフルエンザ予防に役立つアイテムを、

  • マスク
  • 手洗い石けん
  • アルコール消毒液
  • 除菌シート・スプレー

…の 4 つに分けてご紹介します。

3-1.マスク

① 超立体マスクウィルスガード Ag+フィルタ抗菌(ユニ・チャーム)

鼻のわきや頬などすき間のできやすい部分に、ユニ・チャーム独自の 99 %カットフィルタを採用した「超立体マスク」。

ウイルスや PM 2.5 などにも対応し、しっかりと防御できる構造になっています。 

商品詳細

超立体マスクウィルスガード Ag+フィルタ抗菌
◆ メーカー名:ユニ・チャーム
◆ 価格:379 円(税抜)
◆ 内容量:3 枚+ 1 枚
◆ 買える場所:公式通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:99 %カットフィルタ、PM 2.5 対応、保湿、耳フックが柔らかい

公式サイトを見る

② 三次元マスク(興和)

抗菌フィルター内蔵の 5 層構造が施された、興和の「三次元マスク」。

口もとの空間がゆったりしているので、息苦しさもなく一日中快適なつけ心地を実現しています。

商品詳細

三次元マスク
◆ メーカー名:興和
◆ 価格:370 円(税抜)
◆ 内容量:7 枚
◆ 買える場所:公式通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:5 層構造、抗菌フィルター、通気性、長時間装着可能

公式サイトを見る

3‐2.手洗い石けん

③ 液体ミューズ オリジナルハンドソープ(レキットベンキーザー・ジャパン)

薬用石けんで知られるミューズジャパンの代表商品「ミューズ」。

オレンジ色の液体石けんが、泡立たせると白くなる仕組み。しっかり洗えているかが視覚的に分かるようになっています。

商品詳細

液体ミューズ オリジナルハンドソープ
◆ メーカー名:レキットベンキーザー・ジャパン
◆ 価格:255 円(税抜)
◆ 内容量:250 ml
◆ 買える場所:通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:殺菌・消毒、保湿効果

公式サイトを見る

④ キレイキレイ泡ハンドソープ シリーズ(ライオン)

バファリンやクリニカなど、身近な商品を多く販売しているライオンの「キレイキレイ」。

殺菌・消毒効果が高く、泡で出てくるので垂れにくいのが特徴です。 

商品詳細

キレイキレイ泡ハンドソープ 
◆ メーカー名:ライオン
◆ 価格:280 円(税抜)
◆ 内容量:250 ml
◆ 買える場所:通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:殺菌・消毒、保湿成分、垂れにくい

公式サイトを見る

3‐3.アルコール消毒液

⑤ 手ピカジェル(健栄製薬)

健栄製薬から出ている「手ピカジェル」。

強い殺菌効果があり、手にも優しいのでお母さんに人気の商品です。300 mLの家庭用のほか、60 mLの携帯用もあるのでお子さんとお出かけの際などにおすすめです。

商品詳細

手ピカジェル
◆ メーカー名:健栄製薬
◆ 価格:1,000 円(税抜)
◆ 内容量:300 ml
◆ 買える場所:通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:高い殺菌力、保湿効果、垂れにくい、速乾性

公式サイトを見る

⑥ ビオレu 手指の消毒液(花王)

化粧品やヘルスケア用品など、幅広く展開する花王の「ビオレu 」。

手になじみやすく、ウイルスや菌などを素早く消毒できます。保湿成分も配合されているので、赤ちゃんも安心。 

商品詳細

ビオレu 手指の消毒液
◆ メーカー名:花王
◆ 価格:554 円(税抜)
◆ 内容量:400 ml
◆ 買える場所:通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:速乾性、保湿効果、天然成分エタノール配合

公式サイトを見る

3‐4.除菌シート・スプレー

⑦ シルコット 除菌ウェットティッシュ (ユニ・チャーム)

超立体マスクでもご紹介した、ユニ・チャームの「シルコット 除菌ウェットティッシュ」。

ノンアルコールで、赤ちゃんの食器やおもちゃの除菌に安心して使えます。片手で簡単に取り出せるのもおすすめ。

商品詳細

シルコット 除菌ウェットティッシュ
◆ メーカー名:ユニ・チャーム
◆ 価格:331 円(税抜)
◆ 内容量:45 枚
◆ 買える場所:公式通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:ノンアルコール、無香料、詰め替えあり、天然由来の除菌成分

公式サイトを見る

⑧ ドーバー パストリーゼ 77  スプレーヘッド付(ドーバー酒造)

製菓用のお酒を販売しているドーバー酒造の「パストリーゼ 77 」。

サトウキビ由来のアルコール成分なので、食べ物にも直接噴射できます。 

商品詳細

ドーバー パストリーゼ 77  スプレーヘッド付
◆ メーカー名:ドーバー酒造
◆ 価格:1,029円(税抜)
◆ 内容量:500 ml
◆ 買える場所:通販、薬局、ドラッグストア
◆ 特徴:植物由来、防カビ、除菌、抗菌、カテキン配合

公式サイトを見る

4.それでもかかってしまったら…

しっかりと予防をしていても、インフルエンザにかかってしまうことはあります。ただその場合は、慌てずに以下の流れに沿って療養しましょう。

  1. 病院を受診して、検査と診断を受ける
  2. 医師の指示に従って自宅療養する
  3. 十分な睡眠と水分補給を基本に、安静にする
  4. 家族がいる場合は、家の中でもマスクを着ける
  5. 医師から指示のあった療養期間は外出(出席・出勤)しない

…このような手順に従って、早く症状を抑えるようにしましょう。

5.まとめ

インフルエンザ予防のポイントは、

  • 感染経路を断つこと
  • 免疫力を低下させないこと

…の 2 つです。

具体的な予防法を以下にまとめます。

感染経路を断つ方法
  • 手洗い
  • マスクの着用
  • 部屋の加湿( 50〜60 %)
  • 身の回りのウイルス除去・消毒
  • 人混みを避ける

免疫力を低下させない方法
  • 免疫力 UP に働く食事を摂る
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない

ご紹介したインフルエンザの予防法を普段の生活の中に取り入れて、インフルエンザに感染せず健康的に冬を乗り越えましょう。

◆ 参考文献