インフルエンザにかかったとき、

「咳が止まらない…」
「咳込むせいで、眠れない…」

…といった咳の症状に悩まされていませんか?

インフルエンザでは、一般的に風邪よりも咳が強く現れやすい傾向があります。

ここでは、

  • インフルエンザで出る咳の特徴
  • すぐにできる咳と痰の対処法

…の 2 点を中心に、ご説明します。

インフルエンザは人から人にうつる感染症です。間違った知識や対処法で周囲に感染を広げないよう、正しいケアで早く治しましょう。

咳と同時に現れやすい喉の痛みについては、「インフルエンザの喉の痛みをスパッと治す方法と市販薬&食べ物一覧」の記事で、対処法をご紹介しています。

1.インフルエンザの咳

インフルエンザにかかると、体内のインフルエンザウイルスに対抗するために、全身にさまざまな症状が現れます。

今回取り上げる咳も代表的な症状の一つで、

  • ゴホゴホとむせ込むような咳
  • 一度咳込むと止まりにくい

…といった特徴があります。一般的に、風邪のときよりもひどい咳が出やすいです。

またインフルエンザの咳は、熱が下がったり体調が回復してきても治まりにくく、長引きやすい傾向があります。特に解熱後は、ウイルスを出すために痰のからんだ咳が出ます。

インフルエンザ,咳  タミフルの副作用としての咳

インフルエンザで処方される抗インフルエンザ薬の一つ「タミフル」は、副作用でまれに咳が出ることがある。薬を飲む前は咳が出ていなかった場合は、副作用の可能性があるため、受診した病院に相談を。

2.咳と痰の対処法

インフルエンザの咳は、体内のウイルスを排出するために出る症状です。そのため咳止め薬で無理に抑えてしまうと、かえって治りが悪くなることも。

できるだけ、薬以外の方法で対処しましょう

2‐1.咳のセルフケア 4 選

咳はそれだけで体力を消耗するつらい症状です。体力を保つためにも、正しい対処法で症状を和らげましょう。

ご自宅ですぐにできる、

  • 食べ物でケア
  • 湿度でケア
  • 体勢でケア
  • 軟膏でケア

…といった 4 つの方法をご紹介します。

① 食べ物でケア

咳を鎮めるのに効果的な食べ物は、

  • はちみつ
  • 大根

…の2つが代表的です。どちらも喉の炎症を和らげる成分が含まれており、咳を出にくくします。

おすすめの食べ方

・はちみつ
…加熱せずに摂るとより効果が高い
…果物にかける、ヨーグルトに加える
※ 1歳未満は腸の機能が未熟で感染症を起こすおそれがあるため、摂取は禁止されている。

・大根
…すりおろして食べるとより効果が高い
…消化しやすいうどんや鍋料理に加える

② 湿度でケア

喉が乾燥すると、咳が出やすくなります。また、乾燥によって喉に痛みを感じることも。

  • 部屋の湿度を 50~60 %に保つ
  • マスクを着ける
  • 水分をこまめに摂る

…といった方法で、乾燥を防ぐことが重要です。

加湿器がない場合は、室内に濡れたタオルを干すことで代用しましょう。

また最近は保湿シートが付いたマスクも市販されているので、おすすめ商品をご紹介します。

◆ のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ(小林製薬)

のどぬ~るスプレーでも知られる小林製薬の「のどぬ~るぬれマスク」。

ぬれフィルターをマスクに入れることで、普通のマスクよりも高い保湿効果が期待できます。効果は 10 時間持続するので、就寝中の乾燥対策にもぴったりの商品です。

商品詳細

のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ

◆ メーカー名:小林製薬
◆ 価格:400 円(税抜)
◆ 内容量:3 セット
◆ 買える場所:薬局、ドラッグストア、通販
◆ 特徴:効果は 10 時間持続、耳への負担が少ないワイドゴム

公式サイトを見る

③ 体勢でケア

咳が出ると呼吸がしづらくなるため、強い疲労を感じます。そのため、呼吸しやすい体勢をとることも、咳の対処の一つ。

  • ソファに座るなどして上半身を起こす
  • 寝るときは横を向き、膝を軽く曲げる

…このような体勢は、横隔膜が下がり呼吸が楽になります。

④ 軟膏でケア

鎖骨から胸元にメントール系の軟膏を塗ると、清涼感を得られ、咳を鎮めるのに役立ちます。

おすすめの商品をご紹介します。

◆ ヴイックスヴェポラッブ (大正製薬)

栄養ドリンクのリポビタンDで有名な大正製薬の「ヴイックスヴェポラッブ」。

メントールを含む有効成分が呼吸を楽にし、咳などの症状を和らげます。生後 6 か月から使用できる商品です。

ビン詰タイプは 50 g、100 g、ほかに 80 g のチューブタイプがあります。

商品詳細

ヴイックスヴェポラッブ [指定医薬部外品]

◆ メーカー名:大正製薬
◆ 価格:1,080 円(税抜)
◆ 内容量:50 g
◆ 買える場所:薬局、ドラッグストア、通販
◆ 特徴:l-メントール配合、吸入作用、湿布作用

公式サイトを見る

2‐2.痰の上手な出し方

発熱が落ち着いてくると、咳と共に痰が出やすくなります。体内に残っているウイルスを排出するための症状なので、我慢せずしっかり出し切るのがポイント

効果的に痰を出す方法をご紹介します。

痰の出し方

・お腹に力を入れながら咳と一緒に出す
…痰を持ち上げるようなイメージで行う

・息を大きく吸ってから咳と一緒に出す
…息を吸いきって 1~2 秒止め、勢いよく数回咳をする

また、水分をこまめに摂ることも大切です。痰が柔らかくなり、からみづらくなります。

2‐3.外出するときの注意点

インフルエンザでは、熱が下がったからといって治ったわけではありません。特に咳が出るのは体内にウイルスが残っている証拠で、他者への感染力があります

そのため「発症後 5 日かつ解熱後 2 日が経過するまで」は、感染力をもつため外出は控えたほうが良いとされています。

やむを得ず外出する際は以下の点に注意して、感染の拡大を防ぎましょう。

外出するときの注意点

・マスクを着ける 
…隙間なくぴったりと顔に密着させる
…着脱時はゴム紐を持つ

・こまめに手を洗う
…触れる物にウイルスが付くのを防ぐ
…石けんで 15 秒以上かけて洗う

特にインフルエンザの流行時期は、衛生面で敏感になっている人が多いです。マナーとして、マスクをしていても、人に向けて咳をしないようにしましょう。

3.再受診の目安

インフルエンザは、発症から 7~10 日で症状が落ち着くのが一般的。

そのため、

  • 10 日以上経っても咳が治まらない
  • 日に日にひどくなっている

…といった場合は、重症化や合併症のおそれがあるため、再受診をおすすめします。

特に、次のような特徴があれば、インフルエンザに多い合併症を疑うべきかもしれません。

・乾いた咳が激しく出る
・夜間に咳がひどくなる

→肺炎の可能性

・膿の混じった痰が出る
→気管支炎の可能性

・痰の絡まない乾いた咳が出る
→咳喘息の可能性

それぞれ症状に特徴があるので、参考にしてみてください。当てはまる場合は、早めに病院で診察を受けましょう。

4.まとめ

インフルエンザで出る咳や痰の対処法をまとめました。

咳のセルフケア

・食べ物
…はちみつ、だいこん

・湿度
…50~60 %に保つ
…マスクを着ける
…水分を摂る

・体勢
…上半身を起こす
…横向きに寝る

・軟膏
…メントール系の軟膏を鎖骨に塗る


痰を出すときのコツ

・お腹に力を入れながら咳と共に出す

・大きく息を吸ってから咳と共に出す

これらの方法を試してみてください。症状が和らぐことで体力が維持でき、早い回復につながります。

参考文献