「なんだか風邪っぽい…」
「急に寒気がしてきた…」

体調を崩しやすいこの季節、急な寒気に悩まされる方が多いようです。ただ体が冷えたのか、それとも風邪のひきはじめか、分からなくて不安になっていませんか?

この記事では、風邪で起こる寒気について、

・風邪で起こる寒気の特徴
・体を温める方法
・風邪以外で起こる寒気

…をご紹介しますので、どうすれば風邪を食い止められるかが明らかに。

また、寒気の後に熱が上がったときの対処法も取り上げました。ぜひ参考にしてください。

1.風邪と寒気

風邪の原因は主にウイルスです。感染すると、

  • 鼻水
  • 喉の痛み
  • 発熱

…などの症状が。なかでも、ひき始めに感じやすい体の異変の一つが「寒気(悪寒)」です。

1-1.風邪で起こる寒気の特徴

風邪のウイルスは熱に弱いため、感染すると体は熱を上げてウイルスに対抗しようとします。

寒気は熱を上げるための体の反応で、

・腰やお腹、手足が冷える
・頭痛や体の節々の痛み
・筋肉の張りやこわばり
・水っぽい鼻水や痰

…といった不調が現れます。

風邪,寒気  発熱前に寒気を感じるワケ

普段は 36~37 ℃くらいに保たれている体温を 38 ℃以上になるよう体が設定。その際、実際の体温と設定温度の差を脳が認識するため、寒く感じる。

1-2.寒気を感じるとき

寒気は発熱に伴う症状です。そのため風邪で寒気がある場合は、熱が上がるサインともいえます

風邪で寒気の後に高熱が出るケースを例に、経過をご紹介します。

風邪で高熱が出るまでの経過

① 寒気が出始める
…体温は 37 ℃前後
…顔色が悪い


② 体温が上がり始める
…体温は 37~38 ℃程度
…熱っぽさを感じる


③ 高熱が出る
…体温は 38 ℃以上
…全身が震え、熱のピークを過ぎると暑くなる

寒気を感じ始めた段階は、風邪が本格化するかの瀬戸際。そのため早い段階で適切な対処をすれば、症状が重くなるのを防ぐことができます

2.今すぐできる寒気の対処法

風邪で寒気や熱があっても、すぐに体を冷やしてはなりません。寒気があるときは、とにかく体を温めることが重要です。ここからは、

  • 体を外側から温める
  • 体を内側から温める

…の方法を、ご紹介します。

2-1.体を外側から温める

まず、体を外側から温める方法は、

  • 暖かい室内環境を作る
  • 全身の保温と加熱
  • 入浴で体の芯から温まる

…の 3 つです。

◆ 暖かい室内環境を作る

寒気があるときは、室内環境を調整するのが効果的です

ご自身が居る部屋を、

・エアコンや暖房を用いて暖める
・加湿器を用いて湿度を上げる

…といった方法で、調整してください。室内の加湿により喉の乾燥も防げるため、喉の痛みや咳をしずめるのにも役立ちます。

風邪,寒気  換気も忘れずに

2 時間に一度は窓を開け、空気を入れ替えること。長時間、閉め切ったまま暖房と加湿器を使うとカビやハウスダストのおそれがあるため。

全身の保温と加熱

風邪をひいたときは、体を直接温めることで寒気が和らぎます

さらに、体を温めることで病原体の増殖を抑える効果も期待できるため、風邪の早期回復へとつながります。

体を温めるには、

・肌着の枚数を増やす
・湯たんぽやカイロなどを用いる
・毛布や布団に包まる

…といった方法が効果的。特に手先やつま先など体の末端や、首周りなど太い血管が通る部位を温めるのが良いです。

風邪,寒気  寒気があるときは冷やさない

高熱が出ていても、寒さを感じるうちは温めること。寒気があるのに氷枕や冷却シートなどで体を冷やすと、ウイルスへの抵抗力が弱まるため。

◆ 入浴で体の芯から温まる

風邪でも、基本的には入浴 OK です。特に風邪のひき始めの入浴は、体を温めるのに最善の方法です。

入浴については、

・高熱がある場合は入浴を避ける
…37 ℃台までが入浴 OK の目安
・長時間の入浴は控える
…いつもより少し熱めの湯温が良い

…といったことに気をつけてください。寒気があるからといって明らかに熱い湯に入ると、体に負担がかかって逆効果です。

風邪,寒気  足湯だけでもOK

体のダルさが強く入浴が面倒なときは、足湯だけでも良い。湯をくるぶしまで浸し、さらに途中で熱湯を足しながら 15 分間ほど続けること。

2-2.体を内側から温める

体内に入った風邪のウイルスに対抗するためには、

  • 水分を効果的に摂る
  • 体が温まる食事を摂る
  • 薬を飲む

…といった 3 つの方法で、体の内側から温めることも大切です。

水分を効果的に摂る

寒気があるときに良いのがホットの飲み物です。ただし、温めさえすれば何を飲んでも良いというわけでなく、

・生姜湯
・ほうじ茶
・紅茶
・具なしの味噌汁

…などを選んでください。

紅茶は利尿作用があり、脱水時の水分補給には適しませんが、寒気のときには OK です。

ただし、いくら体を温める作用のある飲み物でも、飲みすぎれば体内に取り込んだ水分がうまく排泄されず、新たな冷えの要因。喉の渇きを感じるタイミングに合わせて、少しずつ飲むのが良いでしょう。

風邪,寒気  体を冷やす飲み物は避ける

コーヒー、牛乳、緑茶などは温めて飲んだとしても、性質的に体を冷やす作用が強いため控えること。

体が温まる食事を摂る

風邪のひき始めで寒気があるときは、「何を食べるか」も意識してください。

体を冷やす作用のある食材を避け、温める作用のある食材を取り入れることが大切です。次の 5 つの基準を参考にしてください。

体を温める食べ物の選び方

① 寒い地方または冬が旬の食べ物
…鮭、れんこん、長芋 など

② 濃い色または暖色の食べ物
…黒豆、ひじき、赤身の肉 など

③ 地中でエネルギーを蓄えた食べ物
…白菜、大根、ごぼう など

④ 水分が少なく固い食べ物
…かぼちゃ、黒ゴマ、あずき など

⑤ 塩分の多い食べ物
…みそ、しょうゆ、チーズ など

※上記の原則には例外もあるため、気になる際には一つ一つの食材を調べること

食事回数や量は、自然な食欲に合わせてください。基本的には、消化の負担を減らすことを優先し、食欲がなければ無理に食べなくても良いでしょう。

風邪のときに良い食べ物については、「風邪と食べ物│症状タイプ別おすすめ回復メニュー12選」の記事も、ぜひご覧ください。

◆ 薬を飲む

寒気があるうちに解熱剤を飲むのは NG です。無理に熱を下げてしまうと、ウイルスへの抵抗力が弱まり、風邪の悪化や長期化の原因に。

風邪のひき始めに起こる寒気には、漢方薬がおすすめです。次に挙げるものは、血の巡りを良くして体を温めます。

寒気に効果的な漢方薬

・麻黄湯(まおうとう)
…子どもや体力のある人向けで、風邪のひき始めのとき

・葛根湯(かっこんとう)
…ある程度の体力がある人向けで、熱がなく汗をかいていないとき

・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
…体力があまりない人でも服用でき、水っぽい鼻水や痰が出るとき

・桂枝湯(けいしとう)
…体力があまりない人でも服用でき、熱があって汗をかいているとき

※漢方薬は症状の違いや体質によって処方が異なるため、購入する際は決して自己診断せず、必ず薬剤師に相談すること

解熱剤でなくても、総合かぜ薬は解熱作用のある成分を含んだものが多いため、寒気以外の症状がない時点での服用は控えたほうが無難です。

3.寒気の後に高熱が出たとき

どれだけ適正な対処をしても寒気が治まらないこともあります。38 ℃以上の高熱が出た場合は近くの内科に行き、医師の診断を受けたほうが良いでしょう。

また、すぐに病院に行けないときの対処法や自宅での過ごし方は、次の通りです。

高熱が出たときの対処法

◆ 薬を正しく服用する
・解熱剤は体力消耗を一時的に防ぐ目的とする
・解熱剤を選ぶ際は、必ず薬剤師に相談する


◆ 保温と保冷
・寒いうちは温め、暑く感じ始めたら冷やす
・こまめに肌着を交換する


◆ 水分補給と食事
・こまめに水分補給する
・食欲がないときは無理に食べない

◆ 安静に過ごし、十分な睡眠をとる
・長時間の睡眠をとったほうが回復が早まる
・安静に努め、体力消耗を防ぐ

高熱と寒気が同時に起きているケースでは、この後さらに熱が上がりやすいため、特に注意が必要です。

4.注意が必要な風邪以外の寒気

風邪以外の寒気は、病院での診察を受ける必要があります。どのような症状のときに、どの診療科目を受診するべきかは以下の通りです。

風邪以外での寒気について

◆ 熱が 38 ℃前後まで上昇し、体の痛みがある
→ インフルエンザの可能性があるため「内科」

◆ 熱が下がらず、咳が激しく出る
→ 気管支炎の可能性があるため「呼吸器科」

◆ 高熱や、腹部・背中の激しい痛み
→ 臓器の炎症が疑われるため「内科」

◆ 下痢や吐き気、おう吐がある
→ 胃腸炎の可能性があるため「胃腸器内科」

◆ 女性の生理前
→ ホルモンバランスの乱れや妊娠の可能性があるため「産婦人科」

これらは寒気を伴う原因の、ごく一例にすぎません。ほかにも自宅での対処が難しいと感じれば、その時点ですぐに病院に行くことをおすすめします。

特に高齢者や乳幼児で症状が重い場合には、休日や夜間であっても救急外来を受診するなど、早急に対処してください。

5.まとめ

風邪で寒気があるときの対処法を、まとめました。

寒気があるとき

◆ 体を外側から温めるセルフケア
・エアコンや加湿器で室内を加温・加湿する
・肌着や毛布を増やす
・高熱がなければ入浴して体を温める

◆ 体を内側から温めるセルフケア
・温かい飲み物を摂る
・体を冷やさない食べ物を選ぶ
・漢方薬を飲む

寒気があるときは、体を外側と内側の両方から、十分に温めることで早期回復につながります。風邪が本格化する前に対処し、ゆっくり休んでください。

◆ 参考文献

・山本舜悟:かぜ診療マニュアル―かぜとかぜにみえる重症疾患の見わけ方,日本医事新報社,2013.
・岸田直樹:誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!, 医学書院,2012.
・『PHPくらしラク~る♪』編集部:本当はカラダに悪い100のこと,PHP研究所,2016.