Thunderbirdのメールアカウント設定と全設定項目の解説

Pocket

thunderbird設定Thunderbird には、使い始めるために必要な基本設定や、使いやすくするための高度設定など様々な設定があります。

ここでは、使い始めるために必要な「アカウントの新規設定方法」から「署名の設定」「迷惑メールフィルタの設定」などの高度な設定まで、全設定方法をご紹介しますので必要な部分を参考にしてください。

本記事の手順に沿っていくと設定が簡単に完了します。

目次

※項目をクリックすると当該箇所へ飛ぶことができます。

メールアカウント設定

その他の設定

1.新規でメールアカウントを設定する

1-1.Gmailのアカウントを設定する

Yahoo! メールや Hotmail 等のフリーメールサービスも同じ方法でメールアカウント設定ができます。

1.Thunderbirdを起動します。起動方法は以下の2つです。

デスクトップのアイコンをクリック

Thunderbird設定

Windows8: スタート画面の検索窓に「thunderbird」と入力し、表示された「Mozilla Thunderbird」をクリック

Thunderbird設定

Windows7: スタートメニューで、「すべてのプログラム」→「Mozilla Thunderbird」をクリック

Thunderbird設定

2.初めてThunderbirdを起動すると、下図のウィンドウが表示されるので、「メールアカウントを設定する」をクリックします。

Thunderbird設定

※補足1: 上図のウィンドウが表示されない場合は、メイン画面で「新しいアカウント作成」の「メール」をクリックします。

Thunderbird設定

3.次に表示されるウィンドウで以下を入力して、「続ける」をクリックします。

あなたのお名前:メール送信時に利用する名前を入力します。ここで入力した名前が、メールの送信先に差出人として表示されます。

メールアドレス、パスワード: Gmailのメールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードを記憶する: チェックを入れると毎回パスワードを入れる手間を省けるので通常は、チェックを入れたままにします。
※チェックを入れない場合はパスワードが保存されず、起動の都度パスワードを入力しないとログイン出来ません。(他の人とパソコンを共有している方などにオススメです。)

Thunderbird設定

4.すると、自動的に情報が検索されて、表示されるので、「完了」をクリックします。

Thunderbird設定

※補足1: もしも、下図のようなエラーが出た場合は、Gmail側のIMAPの設定が「無効」になっている可能性があるので、別記事の「ThunderbirdでGmailを使うためのIMAP設定方法:IMAPを有効にする」の手順に沿って、GmailのIMAPを「有効」にしてください。

Thunderbird設定

※補足2: Gmail から 「POP」でメールを取得したい方は、別記事の「ThunderbirdでGmaiからPOPでメールを取得するための設定方法」に沿って設定してください。

5.すると、メイン画面の左側に登録したアカウントが追加されます。

Thunderbird設定

これでGmailのアカウントをThunderbirdで使えるようになりました。

6.最後に、アカウント設定が出来ているか確認のために、メール送受信のテストをしてみましょう。

まず、ツールバーの「作成」をクリックし、

Thunderbird設定

開いた新規メール画面で、「宛先」に自分のメールアドレスを入力し、「件名」にテストと入力し、

Thunderbird設定

「送信」をクリックします。

Thunderbird設定

7.そして、「受信トレイ」をクリックし、

Thunderbird設定

8.今送ったテストメールが届いていれば、問題なくアカウント設定が出来ています。

Thunderbird設定

1-2.自社ドメインのアカウントを設定する

自社ドメインなどのメールアカウントを Thunderbird で使うためのアカウント設定方法をご紹介します。

1.まず、Thunderbirdを起動します。起動方法は以下の2つです。

デスクトップのアイコンをクリック

Thunderbird設定

Windows8: スタート画面の検索窓に「thunderbird」と入力し、表示された「Mozilla Thunderbird」をクリック

Thunderbird設定

Windows7: スタートメニューで、「すべてのプログラム」→「Mozilla Thunderbird」をクリック

Thunderbird設定

2.初めてThunderbirdを起動すると、下図のウィンドウが表示されるので、「メールアカウントを設定する」をクリックします。

Thunderbird設定

※補足1: 上図のウィンドウが表示されない場合は、メイン画面で「新しいアカウント作成」の「メール」をクリックします。

Thunderbird設定

3.次に表示されるウィンドウで以下を入力して、「続ける」をクリックします。

あなたのお名前:メール送信時に利用する名前を入力します。ここで入力した名前が、メールの送信先に差出人として表示されます。

メールアドレス、パスワード: メールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードを記憶する: チェックを入れると毎回パスワードを入れる手間を省けるので通常は、チェックを入れたままにします。
※チェックを入れない場合はパスワードが保存されず、起動の都度パスワードを入力しないとログイン出来ません。(他の人とパソコンを共有している方などにオススメです。)

thunderbird設定

4.すると、情報が検索されます。表示されたメッセージによって以下の操作をしてください。

  • 『アカウント設定が、一般的なサーバ名で検索したことにより見つかりました』と表示された場合

thunderbird設定

表示された情報が正しいか確認し、問題なければ、「完了」をクリックします。

thunderbird設定

もしも、表示された情報が異なる場合は、「手動設定」をクリックし、

thunderbird設定

情報が異なる部分を修正して、「再テスト」をクリックします。

thunderbird設定

受信サーバ

・受信サーバの種類
POPかIMAPかを選択します。
※IMAPとPOPが分からない方は、「POPとIMAPの違いと選択」を参照してください。

サーバのホスト名
使用するメールアドレスの受信サーバーのホスト名を入力します。
例えば、gmailだと「imap.google.com」や「pop.gmail.com」、Softbankの”@i.softbank.jp”のアドレスだと「imap.softbank.jp」となっています。

ポート番号
使用するメールアドレスの受信サーバーのポート番号を入力します。
IMAPでは、通常は143、SSL/TLSを設定した場合は993となります。
POPでは、通常は110、SSL/TLSを設定した場合は995となります。

SSL
サーバーへ接続するときのセキュリティ設定を選択します。
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

認証方式
認証方式は基本的には「通常のパスワード認識」で問題ありません。

送信サーバ

サーバのホスト名
使用するメールアドレスの送信サーバーのホスト名を入力します。
例えば、gmailだと「smtp.google.com」、Softbankの”@i.softbank.jp”のアドレスだと「smtp.softbank.jp」となっています。

ポート番号
使用するメールアドレスの送信サーバーのポート番号を入力します。
通常は25、使用しているアドレスのプロバイダが迷惑メール対策として OP25B(Outbound Port25 Blocking) を導入している場合は587、SSL/TLSを設定した場合は465となります。
基本的に、SSL/TLSを設定していれば465、していなければ25であることが多いです。

SSL
サーバーへ接続するときのセキュリティ設定を選択します。
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

認証方式
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

入力した設定が見つかったというメッセージが出るのを確認して、「完了」をクリックします。

thunderbird設定

「セキュリティ例外の追加」というウィンドウが表示された場合は、「セキュリティ例外の追加 | Thunderbird ヘルプ – Mozilla Support」を参照してください。

thunderbird設定

  • 『Thunderbird はあなたのアカウント設定を見つけられませんでした』と表示された場合

thunderbird設定受信サーバと送信サーバの情報を手入力して、「再テスト」をクリックします。

thunderbird設定

受信サーバ

・受信サーバの種類
POPかIMAPかを選択します。
※IMAPとPOPが分からない方は、「POPとIMAPの違いと選択」を参照してください。

サーバのホスト名
使用するメールアドレスの受信サーバーのホスト名を入力します。
例えば、gmailだと「imap.google.com」や「pop.gmail.com」、Softbankの”@i.softbank.jp”のアドレスだと「imap.softbank.jp」となっています。

ポート番号
使用するメールアドレスの受信サーバーのポート番号を入力します。
IMAPでは、通常は143、SSL/TLSを設定した場合は993となります。
POPでは、通常は110、SSL/TLSを設定した場合は995となります。

SSL
サーバーへ接続するときのセキュリティ設定を選択します。
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

認証方式
認証方式は基本的には「通常のパスワード認識」で問題ありません。

送信サーバ

サーバのホスト名
使用するメールアドレスの送信サーバーのホスト名を入力します。
例えば、gmailだと「smtp.google.com」、Softbankの”@i.softbank.jp”のアドレスだと「smtp.softbank.jp」となっています。

ポート番号
使用するメールアドレスの送信サーバーのポート番号を入力します。
通常は25、使用しているアドレスのプロバイダが迷惑メール対策として OP25B(Outbound Port25 Blocking) を導入している場合は587、SSL/TLSを設定した場合は465となります。
基本的に、SSL/TLSを設定していれば465、していなければ25であることが多いです。

SSL
サーバーへ接続するときのセキュリティ設定を選択します。
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

認証方式
SSL/TLSの設定によって、ポート番号が変わってきます。

入力した設定が見つかったというメッセージが出たのを確認して、「完了」をクリックします。

thunderbird設定

※もしくは、メールアドレスが間違っている可能性があるので、間違っていた場合は修正し、再度「続ける」をクリックして、

thunderbird設定

入力した設定が見つかったというメッセージを確認して、「完了」をクリックします。

thunderbird設定

※「セキュリティ例外の追加」というウィンドウが表示された場合は、「セキュリティ例外の追加 | Thunderbird ヘルプ – Mozilla Support」を参照してください。

thunderbird設定

5.完了すると、メイン画面の左側に登録したアカウントが追加されます。

thunderbird設定

これで、設定したメールアカウントが Thunderbird で使えるようになりました。

最後に、アカウント設定が出来ているかの確認のために、メールの送受信のテストをしてみましょう。

6.まず、ツールバーの「作成」をクリックし、

thunderbird設定

7.開いた新規メール画面で、「宛先」に自分のメールアドレスを入力し、「件名」にテストと入力し、

thunderbird設定

「送信」をクリックします。

thunderbird設定

8.そして、「受信トレイ」をクリックし、

thunderbird設定

今送ったテストメールが届いていれば、問題なくアカウント設定が出来ています。

thunderbird設定

2.複数のアカウントを設定する(アカウントの追加)

追加で2つ目や3つ目のメールアカウントをThunderbirdに設定する方法をご紹介します。

1.まず、メイン画面の右上の「メニューボタン」Thunderbird設定→「オプションの右の三角」Thunderbird設定→「アカウント設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.表示されたウィンドウで、「アカウント操作」をクリックし、表示されたメニューから「メールアカウントを追加」をクリックします。

Thunderbird設定

3.そして、この画面が表示されたら、これ以降の手順は、別記事のThunderbirdでGmailのメールを送受信する設定方法 手順3」と同じなので参考にして進めてください。

Thunderbird設定

4.完了すると、このように、メイン画面左側に追加したアカウントが表示され、複数のアカウントが表示されます。

Thunderbird設定

複数のメールアカウントを登録したときのアカウントの並び順は作成した順になります。「Thunderbirdのおすすめのアドオン:Manually sort folders」を追加するとアカウントの並び順を変更できます。

3.アカウントを削除する

不要になったメールアカウントを Thunderbird から削除する方法をご紹介します。

今回は、下図の「example11234@gmail.com」のアカウントを削除してみます。

Thunderbird設定

1.まず、削除したいアカウント名(今回は、「example11234@gmail.com」)を右クリックし、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.「アカウント操作」をクリックして、表示されたメニューから「メールアカウントを削除」をクリックします。

Thunderbird設定

3.すると、下図の確認画面が表示されるので、削除したいアカウントが合っているか確認し、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

4.アカウント設定ウィンドウを「OK」をクリックして閉じます。

Thunderbird設定

5.メイン画面を確認すると、「example11234@gmail.com」が削除されています。

Thunderbird設定

これで、アカウントの削除が完了しました。

4.アカウントの設定内容を確認する

4-1.アカウント設定の確認

 設定したアカウント情報を確認する方法をご紹介します。

1.まず、設定を確認したいアカウントを右クリックして、「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.表示された画面で、

  • アカウント名
  • 名前
  • メールアドレス
  • 送信サーバ

などが確認できます。

Thunderbird設定

3.次に、左側の「サーバー設定」をクリックすると、

Thunderbird設定

  • サーバーの種類
  • サーバー名
  • ポート
  • ユーザ名
  • セキュリティ設定

などが確認できます。

Thunderbird設定

4.次に、左側の「送信(SMTP)サーバ」をクリックすると、

Thunderbird設定

送信(SMTP)サーバの情報が確認できます。

Thunderbird設定

複数のメールアカウントで同じ送信(SMTP)サーバを使うことができます。

4-2.アカウントのパスワードの確認

メールアカウントのパスワードを確認したいときに、Thunderbird ではとても簡単に保存されているパスワードを表示できます。

1.まずメイン画面の「メニューボタン」Thunderbird設定→「オプション」をクリックします。

Thunderbird設定

2.以下の操作をします。

「セキュリティ」をクリック

「パスワード」のタブをクリック

「保存されているパスワード」をクリック

Thunderbird設定

3.表示されたパスワードマネージャウィンドウで、「パスワードを表示する」をクリックします。

Thunderbird設定

4.すると、確認画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

Thunderbird設定

5.すると、パスワードが表示されます。

Thunderbird設定

※ 再び、パスワードを隠すには、「パスワードを隠す」をクリックします。

※「削除」をクリックすると、保存されているパスワードが削除され、起動の都度入力が必要になります。

1.署名の設定

メール末尾に自動入力される署名の設定方法と、署名を使いやすくする設定方法をご紹介します。

1.通常の署名

ここで設定する署名は、HTML形式とプレーンテキスト形式のメールのどちらでも使用できます。

1.署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.表示されたウィンドウの右側の「署名編集」に、名前や電話番号などの署名として設定したい情報を入力し、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

3.そして、メールを作成すると、自動で署名が入力されます。

Thunderbird設定

署名の頭にハイフン2つ「- -」が頭に付くのは、バグではなく、「それ以降を署名とみなします」という元々の仕様です。どうしてもハイフンを消したい場合は、設定エディタで設定を書き換える必要があります。書き換え方法は、こちらのサイト「Thunderbird の署名のハイフン区切りを消す方法について」の方法を参考にしてください。

署名部分がグレー文字になるのも仕様です。
本文と同じ文字色などに変更したい方は本記事内の「署名の色を変える」を参考にしてください。

2.HTML形式の署名

HTMLタグを使って、HTML形式の署名を設定することも出来ます。

色やサイズなど、署名の文字をデザインしたい方はこちらで設定しましょう。

ここで設定する署名は HTML 形式のメールでしか正しく表示されません。プレーンテキスト形式のメールにHTML 形式の署名を使用すると、テキスト書体やサイズなどのマークアップが無視されます。

1.署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.表示されたアカウント設定ウィンドウ右側の「署名編集」に、名前や電話番号などの署名として設定したい情報を HTMLタグ を使って入力し、

Thunderbird設定

「HTML形式で記述する」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

3.そして、メールを作成すると、このようにHTMLでデザインされた署名が自動で入力されます。

Thunderbird設定

3.ファイルから署名を挿入する

署名が含まれたファイルを選択することもできます。

HTML 形式で書かれた署名ファイルや画像ファイルを指定した場合は、HTML 形式のメールでしか正しく表示されません。ファイルは、プレーンテキストまたは HTML 形式で書かれたテキストファイル、または画像ファイル (JPEG または PNG 形式) を選択できます。ただし、画像ファイルを署名として指定した場合は、HTML 形式のメールでしか使用できません。

1.あらかじめ、「メモ帳」などのテキストエディタを開き、署名として設定したい情報を入力して、任意の場所に保存してきます。(名前は、「署名.txt」などお好きなものでOKです。)

Thunderbird設定

2.署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

3.表示された画面の右側の「ファイルから署名を挿入する」にチェックを入れて、「参照」をクリックします。

Thunderbird設定

4.先ほど保存したファイルをダブルクリックで選択します。

Thunderbird設定

5.そして、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

6.そして、メールを作成すると、テキストエディタに入力した情報が署名として自動で入力されます。

Thunderbird設定

4.署名に画像を入れる

署名に会社のロゴや、顔写真を入れたい場合は、以下の手順で設定しましょう。

1.まず、HTML形式でメールを新規作成し、署名として設定したい情報を入力します。
※インストール時から設定を変更していなければ自動的にHTML形式でメールが作成されます。
Thunderbird設定

2.画像を入れたい場所にカーソルを置いて、

Thunderbird設定

「挿入」→「画像」をクリックします。

Thunderbird設定

3.表示されたウィンドウで、「ファイルを選択」をクリックして、

Thunderbird設定

署名に入れたい画像をダブルクリックで選択します。

Thunderbird設定

そして、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

すると、画像が挿入されました。

Thunderbird設定

挿入後でも画像をドラッグして位置を移動出来ます。

4.次に、「ファイル」→「選択して保存」→「ファイル」を選択し、

Thunderbird設定

適当な場所に適当な名前で保存します。
※拡張子は.htmlのままにしてください。

Thunderbird設定

5.作成したメールは保存せずに閉じます。

Thunderbird設定

6.署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

7.「ファイルから署名を挿入する」にチェックを入れて、「参照」をクリックします。

Thunderbird設定

8.先ほど作成したメールをダブルクリックで選択し、

Thunderbird設定

「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

9.そして、メールを作成すると、画像付きの署名が自動で入力されます。

Thunderbird設定

5.署名の色を変える

Thunderbird では、署名部分の文字色がグレーになる仕様になっています。

そのため、本文の文字色と同じ黒に変更したい方は、以下の手順で変更してください。

以下の方法はHTML形式で記述する為、HTML 形式のメッセージでしか正しく表示されません。プレーンテキスト形式のメッセージに HTML 形式の署名を使用した場合は、テキストの書体やサイズなどのマークアップが無視されます。

1.署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.入力されている署名を で挟み、

Thunderbird設定

上記の「000000」の部分にカラーコードを入力し、色を指定します。本文と同じ黒の場合は「000000」ですが、他の色にしたい場合は「HTML色見本」などを参考に、該当のカラーコードを入力してください。

「HTML形式で記述する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

※通常の署名と違って、HTML形式で改行する場合は、改行箇所に
タグ を記述する必要があります。
Thunderbird設定

3.そして、メールを作成すると、本文の文字色と同じ色で署名が入力されます。

Thunderbird設定

6.署名の位置を変える

Thunderbirdの署名の初期設定ではメールを返信すると、下図のように、署名が自分のメッセージのすぐ下ではなく、相手の引用メッセージの下に入力されてしまいます。

Thunderbird設定

この形式が、不自然と感じる方もいると思います。

実は、Thunderbird には、自分のメッセージのすぐ下に署名を入力する簡単な設定項目があります。

1.まず、署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.次に、左側から「編集とアドレス入力」を選択し、「署名を挿入する位置」から「返信部の下(引用部の上)」を選択し、

Thunderbird設定

「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

3.すると、このように常に自分のメッセージの下に自分の署名が自動で入力されるようになります。

Thunderbird設定

7.転送時にも署名を入れる

Thunderbirdでは、署名の設定をしていても、メールの転送時には署名が入力されません。

Thunderbird設定

これも、簡単な設定で、転送時にも署名が自動入力されるように出来ます。

1.まず、署名を付けたいメールアカウントを右クリックして、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.次に、左側から「編集とアドレス入力」を選択し、「転送メッセージに自分の署名を挿入する」にチェックを入れ、

Thunderbird設定

「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

3.すると、このように転送時も署名が自動で入力されます。

Thunderbird設定

署名が、自分のメッセージの下ではなく、全体のメッセージの一番下に入力されてしまう場合は、前項の「署名の位置を変える」の手順に沿って、設定を変更してください。

2.迷惑メールフィルタの設定

「迷惑メール判別の初期設定」、「迷惑メールの自動振り分け設定」、「迷惑メールの自動削除設定」など迷惑メールフィルタの全設定を解説します。

1.迷惑メールフィルタの初期設定の確認

迷惑メールの対策をするにあたって、まず始めに、初期設定を確認しましょう。

1.まず、メイン画面で、迷惑メール学習をさせたいメールアカウントを「右クリック」して、表示されたメニューで「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

Thunderbird では、複数のメールアカウント(メールアドレス)を送受信できるようになっており、それぞれについて、迷惑メール学習フィルターの有効・無効を設定できるようになっています。

2.表示された画面左側で、対象のメールアカウントの「迷惑メール」を選択します。

Thunderbird設定

この「迷惑メールフィルタの設定画面」で迷惑メール対策の様々な設定が出来ます。

Thunderbird設定

3.まず、「このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする」にチェックが入っていることを確認します。

Thunderbird設定

4.次に、「送信者が以下に含まれる場合は自動的に迷惑マークを付けない」で「個人用アドレス帳」にチェックが入っていることを確認します。

ここにチェックを入れることで、個人用アドレス帳に登録されている人から送信されたメールには、迷惑マークが付かないようになります。

Thunderbird設定

仮に迷惑メールの送信者も個人用アドレス帳に加えている場合は、個人用アドレス帳から外しておきましょう。
また、「記録用アドレス帳」には、こちらから送信したことがあるメールアドレスが自動で登録されるようになっています。そのため、こちらから送信したことのあるメールアドレスから迷惑メールが来る可能性がない場合は、ここで「記録用アドレス帳」にもチェックを入れましょう。

5.最後に、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

これで、迷惑メールフィルタの初期設定は完了です。

続いて、Thunderbirdに迷惑メールを学習させる必要があるので、次項に進みましょう。

2.迷惑メールを学習させる方法

前項の設定によって、自動的に迷惑メールをマークしてくれるようになりました。

しかし、Thunderbird の迷惑メールフィルタは「学習型」のため、始めのうちは正確に迷惑メールを判別できません。

そのため、しばらくの間、Thunderbird に「これは迷惑メール」「これは迷惑メールじゃない」と、教える必要があります。

それでは、早速以下の手順で学習させましょう。

1.学習させる方法はとても簡単で、迷惑メールの場合は、メール一覧の「迷惑マークThunderbird設定」の列をクリックし、「迷惑マークThunderbird設定」を付けます。

Thunderbird設定

Thunderbird設定

すると、Thunderbird が学習し、受信するメールの中で迷惑メールと判断したメールに、自動で「迷惑マークThunderbird設定」が付くようになります。

Thunderbird設定

その中で、迷惑メールではないメールに「迷惑マークThunderbird設定」が付いてしまっていたら、「迷惑マークThunderbird設定」をクリックして、「迷惑マークThunderbird設定」を消します。

Thunderbird設定

Thunderbird設定

このように、

  • 迷惑メールには迷惑マークThunderbird設定を付ける
  • 非迷惑メールに迷惑マークThunderbird設定が付いていたら外す

をしばらく繰り返すことで、Thunderird が迷惑メールを学習していきます。

しばらくたって、正確な判断が自動で出来るようになったら、迷惑マークThunderbird設定のついたメールを自動的に「迷惑メールフォルダ」に振り分けたり、一定期間後に自動的に削除されるように設定すると便利です。

3.迷惑メールを自動的に迷惑メールフォルダに振り分ける方法

迷惑メールが受信トレイに残っていると管理しづらいので、迷惑マークThunderbird設定の付いたメールを自動的に「迷惑メールフォルダ」に振り分ける設定をしましょう。

別記事の「Thunderbirdで迷惑メールを迷惑メールフォルダに自動振り分けする方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

さらに、迷惑メールフォルダに振り分けられたメールを自動で削除する機能もあります。

4.迷惑メールを自動削除する方法

迷惑メールフォルダ内のメールを一定期間後に自動的に削除する(ゴミ箱に入れる)設定をしましょう。

別記事の「迷惑メールフォルダ内の迷惑メールを自動削除する方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

自動削除せず、手動で迷惑マークThunderbird設定のついたメールだけを一括削除する方法もあります。

5.迷惑メールを手動で一括削除する方法

前項では、自動的に迷惑メールを削除する方法をご紹介しましたが、Thunderbird には、「迷惑マークthunderbird設定」をつけたメールだけを “手動” で一括削除する機能もあります。

別記事の「迷惑メールを手動で一括削除する方法」で詳しく説明しているので、手順に沿って設定してください。

3.メール自動振り分けの設定

受信したメッセージを条件によって各フォルダに自動振り分けする方法を紹介します。

1.メール振り分けの設定方法

まずは、以下の手順に沿ってメールの振り分け先のフォルダを作成しておきます。

1.まず、メイン画面で、「ファイル」→「新規作成」→「フォルダ」をクリックします。

Thunderbird設定

既に作成済みのフォルダにメールを振り分ける場合は、ここでのフォルダ作成は不要です。

※もしくは「メニューボタンThunderbird設定」→「新規作成の右の三角」Thunderbird設定→「フォルダ」でもOKです。

Thunderbird設定

2.表示されたウィンドウに、以下を入力し、「フォルダを作成」をクリックます。

フォルダ名
ここでは、田中さんからのメールを自動振り分けするので、フォルダ名を「田中さん」としました。

作成先
今回フォルダを作る親フォルダを指定します。

Thunderbird設定

3.これで、振り分け先のフォルダが作成できました。

Thunderbird設定

フォルダが作成できたら、早速、このフォルダへのメール自動振り分け設定をしましょう。

4.まず、「メニューボタン」Thunderbird設定→「メッセージフィルタ」をクリックします。

Thunderbird設定

※もしくは、メニューバーの「ツール」→「メッセージフィルタ」でもOKです。

Thunderbird設定

5.表示されたメッセージフィルタ画面で、自動振り分けの設定をしたい「対象アカウント」を選択します。

Thunderbird設定

6.次に、「新規」をクリックします。

Thunderbird設定

7.自分が分かりやすい「フィルタ名」を入力します。
※今回は例として、田中さんから送信されたメールを振り分けるので「田中さん」とします。フィルタ名は自分が分かればOKです。

Thunderbird設定

8.次に、「フィルタを適応するタイミング」で「新着メール受信時」にチェックを入れて、
※ここにチェックを入れると、メールの受信と同時に自動で振り分けられます。

Thunderbird設定

「手動で実行する」を選択した場合は、メール受信時に自動で振り分けされません。自分でメールを確認した後に手動でフィルタを実行して振り分けます。

プルダウンから「迷惑メール分類後に実行」を選択します。

Thunderbird設定

「迷惑メール分類前に実行」 …… 迷惑メールフィルタより先に実行します。
「迷惑メール分類後に実行」 …… 迷惑メールフィルタの実行後に実行します。

9.次に、振り分けの条件を指定します。

以下のように様々な条件が用意されています。ここから目的に合った条件を選択していきます。

フィルタの条件一覧

Thunderbird設定

今回は、田中さん(example11234@gmail.com)からのメールを振り分けしたいので、「差出人」を選択し、田中さんのメールアドレス「example11234@gmail.com」を入力します。

Thunderbird設定

そして、「すべての条件に一致」を選択します。

Thunderbird設定

「いずれかの条件に一致」を選択すると、複数ある条件のうち1つでも合致すると振り分けされます。

※右端の「+」をクリックすると、条件を増やせます。条件を削除したいときは、削除したい条件の右端の「-」をクリックすると削除されます。

Thunderbird設定

7.そして、「メッセージを移動する」を選択し、振り分け先のフォルダを指定します。

ここでは、先ほど作成したフォルダ「田中さん」を指定します。

Thunderbird設定

振り分けの条件設定の例

フィルタの設定方法によって、様々な振り分けの使い方があります。

例1 : A社から来たメールは、フォルダ「A社」へ振り分けたい

Thunderbird設定

差出人にA社の人を全て指定して、「いずれかの条件に一致」を選択すると、A社の誰からメールが来ても指定したフォルダに振り分けされます。

例2 : ある案件(案件名:abc案件)に関するメールは、フォルダ「abc案件」へ振り分けたい

Thunderbird設定

案件に関するメールは件名か本文に案件名が入っていることが多いと思うので、件名と本文にそれぞれ「abc案件」を指定して、「いずれかの 条件に一致」を選択すると、件名か本文のどちらか一方にでも「abc案件」が含まれるメールを指定したフォルダに振り分けできます。

例3 : 返信済みのメールは受信トレイに残さず、フォルダ「返信済み」へ振り分けたい

Thunderbird設定

フィルタを実行するタイミングは「手動で実行する」にチェックを入れ、振り分け条件は「状態」の「返信済み」を選択し、「すべての条件に一致」を選択して、手動でフィルタを実行すると、返信済みのメールをフォルダに振り分けできます。

8.設定が完了したら、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

これで、フィルタが設定されました。

9.「有効」にチェックが入っていると、このフィルタは有効になっています。

Thunderbird設定

そして、このウィンドウは「×」で閉じます。

Thunderbird設定

※すでに受信済みのメールも振り分けたい場合は、「今すぐ実行」をクリックすると、振り分けされます。

Thunderbird設定

10.これ以降に届くメールの中から、条件に合致したメールが振り分けされます。

このように田中さんから来たメールはフォルダ「田中さん」に振り分けられました。

Thunderbird設定

※「手動で実行」を選択した場合は、自動で振り分けられないので、まず振り分けたいメールを選択して、

Thunderbird設定

「ツール」→「メッセージにフィルタを適用」を選択すると振り分けできます。

Thunderbird設定

「ツール」→「フォルダにフィルタを適用」を選択すると、開いているフォルダ全体にフィルタがかかります。

2.メール振り分けの設定を追加

別の条件のフィルタを追加したい場合は、以下の手順で追加しましょう。

1.まず、「メニューボタン」Thunderbird設定→「メッセージフィルタ」をクリックします。

Thunderbird設定

※もしくは、メニューバーの「ツール」→「メッセージフィルタ」でもOKです。

Thunderbird設定

2.次に、「新規」をクリックして、

Thunderbird設定

3.条件を入力し、「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

4.この画面で表示されているフィルタが上から優先的に実行されます。

つまり、1つのメールに複数のフィルタの条件が当てはまった場合、一番上のフィルタが適用されます。

Thunderbird設定

3.メール振り分けの設定を編集

振り分けの設定を変更したり、編集したい場合は、以下の手順で進めてください。

1.まず、「メニューボタン」Thunderbird設定→「メッセージフィルタ」をクリックします。

Thunderbird設定

※もしくは、メニューバーの「ツール」→「メッセージフィルタ」でもOKです。

Thunderbird設定

2.そして、編集したいフィルタを選択し、「編集」をクリックします。

Thunderbird設定

3.編集が完了したら「OK」をクリックします。

Thunderbird設定

4.メール振り分けの設定を削除・無効化

振り分けの設定を削除または無効化したい場合は、以下の手順で進めてください。

1.まず、「メニューボタン」Thunderbird設定→「メッセージフィルタ」をクリックします。

Thunderbird設定

※もしくは、メニューバーの「ツール」→「メッセージフィルタ」でもOKです。

Thunderbird設定

2.そして、削除したいフィルタを選択し、「削除」をクリックすると、削除できます。

Thunderbird設定

もしくは、削除するのではなく、「無効」にする方法もあります。

「無効」にすると、設定内容は残ったままなので、再度フィルタが必要になったときに有効に変えるだけでいいので便利です。

3.「無効」にするには、このチェックマークを外します。

Thunderbird設定

これで、チェックを外したフィルタは無効になり、再度チェックを入れるまでは実行されません。

4.アーカイブの設定

アーカイブは、メールを整理して受信トレイを綺麗に保つ便利な機能です

1.アーカイブとは?

アーカイブとは、受信トレイを綺麗に保つための機能です。

アーカイブすると、メールは受信トレイから削除され、他のフォルダに移動して保管されます。そして、アーカイブされたメールは、受信トレイに表示されなくなっただけで、いつでも確認できるし削除しない限り消えることはありません。

イメージとしては、メールをごみ箱に捨てるのではなく、ファイルキャビネットに保管しておく感覚です。

今は不要でもあとから必要になりそうな仕事関係のメールなどを「どのフォルダに入れよう」と悩むことなく、アーカイブして受信トレイをクリアに保つことができます。

では、アーカイブ機能の使い方を説明していきます。

2.アーカイブの使い方

今は不要でも削除出来ないメールは、以下の手順でアーカイブして、受信トレイに溜めないようにしましょう。

方法はとても簡単で、アーカイブしたいメールの、メッセージヘッダの「アーカイブボタンThunderbird設定」をクリックすると、

Thunderbird設定

受信トレイからメールが消えます。

Thunderbird設定

ショートカットキー「A」でも、アーカイブされます。

もしも、「アーカイブボタンThunderbird設定」が表示されていない方は、アーカイブ機能が無効になっている可能性があるので以下の手順で有効にしてください。

まず、対象アカウントを右クリックして、「設定」をクリックし、

Thunderbird設定

「送信控えと特別なフォルダ」で、「アーカイブの保存先」にチェックを入れてください。
チェックを入れるとアーカイブが有効になります。

Thunderbird設定

3.アーカイブしたメールを見る

アーカイブしたメールは、受信トレイから他のフォルダへ移動しています。

早速、確認してみましょう。

アーカイブしたメールも検索でヒットします。

1.まず、アーカイブしたメールがどのフォルダに保存される設定になっているか確認しましょう。

対象アカウントを右クリックして、「設定」をクリックし、

Thunderbird設定

「送信控えと特別なフォルダ」を選択します。

Thunderbird設定

そして、「アーカイブの保存先」で、「次のアカウントの “アーカイブ” フォルダ」にチェックが入っている場合は、アーカイブフォルダ(Thunderbird設定)に保存されています。

Thunderbird設定

「その他のフォルダを指定する」にチェックが入っている場合は、右側に表示されているフォルダ(下図の場合は、「すべてのメール」フォルダ)に保存されています。
Thunderbird設定

アーカイブの保存先を変更したい場合は、ここでフォルダを指定して「OK」をクリックすれば変更できます。

Thunderbird設定

2.手順1で確認したフォルダを開くと、アーカイブしたメールが保存されています。

Thunderbird設定

※補足 :Thunderbird設定の左側に白い三角Thunderbird設定が表示されている場合は、子フォルダがあり、そこにアーカイブしたメールが保管されています。Thunderbird設定をダブルクリックして子フォルダを確認してください。

Thunderbird設定

Gmailアカウントの場合は、初期設定では「すべてのメール」にアーカイブされますが、すべてのメールには受信トレイのメールや、迷惑メールフォルダのメールなど、“ごみ箱以外”のメールがすべて保管されています。

4.アーカイブしたメールを受信トレイに戻す

アーカイブしたメールは、いつでも受信トレイに戻すことが出来ます。

1.受信トレイに戻したいメールを、受信トレイにドラッグ&ドロップします。
複数のメールを移動したい場合は、「Ctrl キー」を押しながら複数選択してからドラッグ&ドロップすると一度に移動できます。

Thunderbird設定

2.すると、受信トレイに戻っています。

Thunderbird設定

5.アーカイブ機能を無効化する

Thunderbirdでは、ショートカットキー「A」で、メールがアーカイブフォルダに移動します。
そのため、アーカイブする気がなくても、「A」を押してしまったときに、受信トレイからメールが突然消えてしまう現象に困っている方も多いでしょう。

もし、アーカイブ機能を使っていないのであれば、以下の手順でアーカイブ機能を無効化すれば、知らないうちにアーカイブフォルダに移動することもありません。


1.まず、アーカイブ機能を無効にしたいメールアカウントを「右クリック」して、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Thunderbird設定

2.表示された画面の左側から、対象のメールアカウントの「送信控えと特別なフォルダ」を選択します。

Thunderbird設定

Thunderbird では、複数のメールアカウント(メールアドレス)を送受信できるようになっており、それぞれのアカウントについて、アーカイブの有効・無効を設定できるようになっています。

3.次に、「メッセージの保管」の「アーカイブの保存先」のチェックを外します。

Thunderbird設定

これで、アーカイブ機能の無効化が完了し、ショートカットキー「A」も無効になりました。

6.アーカイブフォルダを削除する

アーカイブフォルダが不要になって削除しようとしても、アーカイブフォルダは「右クリック→削除」で削除できません。

別記事の「簡単!Thunderbirdの左側のアーカイブフォルダを完全削除する方法」で削除方法を詳しく説明しているので手順に沿って削除してください。

5.テーマの設定

Thunderbird はテーマを追加すると、ボタンのアイコンや背景のデザインなどをカスタマイズできます。

テーマの設定方法は、別記事の「Thunderbirdのテーマの変更方法」を参考にしてください。

おすすめのテーマは、別記事の「Thunderbirdのおすすめのテーマが分かる記事まとめ」を参考にしてください。

6.アドオンの設定

Thunderbird はアドオンを追加すると、様々な機能を追加できます。

アドオンのインストール方法は、別記事の「Thunderbirdのアドオンのインストール方法」を参考にしてください。

おすすめのアドオンは、別記事の「Thunderbirdのおすすめのアドオン20選」を参考にしてください。

まとめ

たくさん設定を紹介させていただきましたが、お目当ての設定方法は見つかりましたか?

必要な設定をして、Thunderbird を使いやすくしましょう。

Pocket

Synclogueの最新情報はFBとTwitterで!