GIMPにプラグインを追加する方法と厳選無料プラグイン6選

Pocket

gimpプラグイン普段使っているGIMPにもっと便利な機能を追加したいと思ったことはありませんか?

GIMPは、「プラグイン」「スクリプト」という機能を追加するプログラムがあり、それらを追加することでGIMPの機能を拡張できます。

GIMPでは以下の2ステップで簡単にプラグインやスクリプトを追加できます。

STEP1 追加したいプラグインまたはスクリプトを配布サイトで探し、ダウンロードする。

STEP2 ダウンロードしたファイルをGIMPのフォルダに入れる。

本記事では、数ある無料プラグインから使えるプラグインとスクリプトを6つ紹介します。
また、それぞれの

  • ダウンロード方法
  • GIMPへの追加方法
  • GIMPで使う方法

を誰でも迷わず出来るようにご説明します。

目次

※項目をクリックすると該当箇所へ飛ぶことができます。

1.GIMPの厳選無料プラグイン4選とプラグイン追加方法

1-1.G’MIC (画像加工フィルター)
1-2.Liquid Rescale (画像の一部のみ拡大縮小)
1-3.Save for Web (Web用に画像を保存)
1-4.The Texturize plugin (画像をきれいに拡大)

2.GIMPの厳選無料スクリプト2選とスクリプト追加方法

2-1.3D screenshot (写真を立体的にする)
2-2.Pandora (パノラマ写真合成)

3.PhotoshopのプラグインをGIMPで使う方法

1.GIMPの厳選無料プラグイン4選とプラグイン追加方法

便利なプラグインだけを厳選して、プラグイン追加方法、プラグインの使い方、をご紹介します。

本記事で紹介しているプラグイン以外にもおすすめのプラグインが多くあります。
詳しくは「Gimp Plugin Registry」や「Free GIMP plugins」のサイトを参考にしてください。英語サイトになりますが使えるプラグインがまとまっています。

プラグインやスクリプトは個人の開発者が作ったものが多く、注意が必要です。すべてのプラグインが安全とは限らないので、信頼できるプラグインだけをインストールしてください。

1-1.G’MIC 

gimpプラグイン200種類以上ものフィルタが使えます。

フィルタはこのプラグインを入れれば他のプラグインはいらないでしょう。

各フィルタごとに、フィルタの効果の強さなどのパラメーターも細かく調整できます。

G’MIC

 

概要

このように、画像に様々なフィルターをかけることができます。

gimpプラグイン

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.まず、G’MICで、お使いのOSの「Download」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで、「ファイルの保存」をクリックします。

gimpプラグイン

3.保存されたファイルを開くと、このような画面が表示されるので、「実行」をクリックします。

gimpプラグイン

次に表示されるウィンドウで「はい」をクリックします。

gimpプラグイン

「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

「次へ」をクリックします。

gimpプラグイン

「同意する」を選択して、「次へ」をクリックします。

gimpプラグイン

インストール先を指定するウィンドウが開きますが、最初から「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」が入力されているので、そのまま変更せず「次へ」をクリックします。

※補足: 「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」には、もともとGIMPに入っているプラグインも保存されているので、追加分は別で管理したいという方は、GIMPの追加プラグイン用のフォルダ「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\plug-ins」を指定してもOKです。
ただし、その場合はユーザー名を日本語(全角)で設定している場合は、上手く動作しないことがあるようなので注意してください。

gimpプラグイン

インストール先が「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」になっていることを確認し、「インストール」をクリックします。

gimpプラグイン

「完了」をクリックします。

gimpプラグイン

これでプラグインの追加が完了しました。

使い方

プラグインの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、加工したい画像を開いた状態で、「フィルター」→「G’MIC」を選択します。

gimpプラグイン

2.すると、フィルターを選択するウィンドウが開くので、各カテゴリの横にある「+」をクリックして、

gimpプラグイン

詳細項目を表示させて、

gimpプラグイン

お好きなフィルターを選択します。

gimpプラグイン

すると、ウィンドウの左側にプレビューが表示され、右側でフィルタの効果を調整できます。
プレビューを見てOKであれば、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

4.これで、画像にフィルターが適用されます。

gimpプラグイン

1-2.Liquid Rescale

gimpプラグイン指定した画像の一部を除いて、拡大縮小が出来ます。

背景だけを拡大縮小したい時にとっても便利です。

Liquid Rescale

 

概要

例えば、この画像の「船」の大きさだけ変えずに、背景を拡大縮小したい場合、このプラグインを使うと、

  • 拡大

gimpプラグイン

  • 縮小

gimpプラグイン

このように船を除いて拡大縮小ができます。

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.Liquid Rescaleで、「Download」をクリックし、

 

gimpプラグイン

 

「Packages」から使っているOSをクリックします。

 

gimpプラグイン

 

そして、「Standard GIMP version」の「here」をクリックします。

 

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで「ファイルを保存」をクリックします。

gimpプラグイン

3.保存されたファイルを開くと、このような画面が表示されるので「はい」をクリックし、

gimpプラグイン

「Next」をクリックします。

gimpプラグイン

「I Agree」をクリックします。

gimpプラグイン

すると、GIMPがインストールされているフォルダを聞かれますが、下図のように「C:\Program Files\GIMP 2\」が入力された状態なので、そのまま変更せずに「Install」をクリックします。

gimpプラグイン

「Finish」をクリックします。

gimpプラグイン

4.すると自動的に、「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」に3ファイルがインストールされます。

gimpプラグイン

これでプラグインの追加が完了しました。

使い方

プラグインの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、画像を開いた状態で、「レイヤー」→「Liquid rescale」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで「Feature preservation mask」の「New」をクリックします。

gimpプラグイン

3.すると、新しいレイヤーが追加され、描画色が黄緑色に変わります。

gimpプラグイン

このまま、拡大縮小したくない部分を「鉛筆ツール」gimpプラグインか「ブラシツール」gimpプラグインで塗りつぶします。

gimpプラグイン

4.塗りつぶしできたら、このウィンドウの「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

5.次に、拡大縮小したいサイズを選択し、「OK」をクリックします。
(今回は横幅を250ピクセルに縮小します。)

gimpプラグイン

6.先ほど追加されたレイヤーを非表示にすると、

gimpプラグイン

船の大きさは変わらずに画像が縮小できました。

gimpプラグイン

1-3.Save for Web

gimpプラグインWeb用に画像を保存できるプラグインです。

保存条件を変えるとリアルタイムで画像容量が表示され、容量を確認しながら条件を変えられるので便利です。

Save for Web

 

概要

「画像の保存形式」「サイズ」「画質」などを変更してWeb用に画像を保存できます。

条件を変更すると、リアルタイムで画像容量を確認できます。

gimpプラグイン

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.GIMP Plugin Registryで「save_for_web_0.28.6_win32.zip」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで、「ファイルを保存する」を選択し、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

3.保存されたファイルを開くと、zipファイルが解凍され、3つのファイルが保存されます。

gimpプラグイン

4.3つのファイルのうち、「webexport.exe」のみを「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」に移動します。

※補足: 「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」には、もともとGIMPに入っているプラグインも保存されているので、追加分は別で管理したいという方は、GIMPの追加プラグイン用のフォルダ「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\plug-ins」に移動してもOKです。
ただし、その場合はユーザー名を日本語(全角)で設定している場合は、上手く動作しないことがあるようなので注意してください。

gimpプラグイン

これでプラグインの追加が完了しました。

使い方

プラグインの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、Web用に保存したい画像を開いた状態で、「ファイル」→「Save for Web」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで、保存条件を調整します。

保存形式
Quality

gimpプラグイン

タブをクリックすると、

gimpプラグイン

画像の保存サイズを調整できます。

gimpプラグイン

条件を変更すると、リアルタイムで画像容量が確認できます。

gimpプラグイン

3.調整が完了したら、「保存」をクリックします。

gimpプラグイン

4.すると、通常と同じ保存ウィンドウが表示されるので保存先を指定し、「保存」をクリックします。

gimpプラグイン

1-4.The Texturize plugin

gimpプラグイン

小さな画像を “ 継ぎ目無く”並べて、自然に大きな画像にできるプラグインです。

画像を拡大したいけど、荒い画像にしたくないという時に便利です。

The Texturize plugin

 

概要

GIMPのフィルター機能を使って、同じ画像を何枚か貼り合わせて1枚にするとこのように継ぎ目が目立ちますが、
(「フィルター」→「マップ」→「並べる」)

gimpプラグイン

このプラグインを使うと継ぎ目なく並べることが出来ます。

gimpプラグイン

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.The Texturize plugin for The GIMPで、「Download」をクリックします。

gimpプラグイン

2.「Here is a binary of version 2.1 for Windows」をクリックすると、

gimpプラグイン

自動的にこのようなウィンドウが開くので、「ファイルを保存する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

ダウンロードされたzipファイルを開くと、zipファイルが解凍され、プラグインファイルが保存されます。

gimpプラグイン

3.保存されたファイルを「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」に移動します。

※補足: 「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」には、もともとGIMPに入っているプラグインも保存されているので、追加 分は別で管理したいという方は、GIMPの追加プラグイン用のフォルダ「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\plug-ins」に移動し てもOKです。
ただし、その場合はユーザー名を日本語(全角)で設定している場合は、上手く動作しないことがあるようなので注意してください。

gimpプラグイン

これでプラグインの追加が完了しました。

使い方

プラグインの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、画像を開いた状態で、「フィルター」→「マップ」→「Texturize」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで、以下を設定し、「OK」をクリックします。

作成したい画像のサイズを選択する
「Tileable」にチェックを入れる

gimpプラグイン

3.すると、画像の下にプログレスバーが表示され、

gimpプラグイン

プログレスバーが最後まで進むと、大きな画像が新しい画像として開きます。

gimpプラグイン

2.GIMPの厳選無料スクリプト2選とスクリプト追加方法

先ほどは、プラグインをご紹介しましたが、ここではおすすめのGIMPスクリプトをご紹介します。

便利なスクリプトのみ厳選しました。

2-1.3D screenshot

gimpプラグイン写真に影をつけて、フラットな写真を立体的でスタイリッシュな写真にできます。

3D screenshot

 

概要

普通の写真を、

gimpプラグイン

簡単に立体的な写真に出来ます。

gimpプラグイン

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.まず、GIMP Plugin Registryで「3DScreenshot.scm」をクリックします。

gimpプラグイン

2.開いたウィンドウで、「ファイルを保存する」を選択し、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

3.保存された「3DScreenshot.scm」を「C:\Program Files\GIMP-2.0\share\gimp\2.0\scripts」 に移動します。

※補足: 「C:\Program Files\GIMP-2.0\share\gimp\2.0\scripts」には、もともとGIMPに入っているプラグインも保存されているので、追加分は別で管理したいという方は、GIMPの追加プラグイン用のフォルダ「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\scripts」に移動してもOKです。
ただし、その場合はユーザー名を日本語(全角)で設定している場合は、上手く動作しないことがあるようなので注意してください。

gimpプラグイン

これでスクリプトの追加が完了しました。

使い方

スクリプトの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、画像を開いた状態で、「フィルター」→「Script-Fu」→「3D Screenshot」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されるウィンドウで、立体にするときの明るさや、影の状態を調整し、「OK」をクリックします。

背景の色(上部)
背景の色(下部)
影のぼかし具合
影の不透明度(小さい値にするほど影が透明になります)
影の色
明るさ

gimpプラグイン

3.すると、立体感のある写真が出来ます。

gimpプラグイン

2-2.Pandora

gimpプラグイン複数枚の写真を繋ぎ合わせて1枚のパノラマ写真に合成できます。

合成部分をぼかし具合などを調整できるので、普通に合成するより自然な写真に出来ます。

Pandora

 

概要

例えば、この3枚の写真を

gimpプラグイン

自然な1枚のパノラマ写真に合成できます。

gimpプラグイン

ダウンロード方法とGIMPへの追加方法

1.まず、Pandora: a GIMP Plugin for Making Panoramasの「pandora-combine-0.9.3.scm」を右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」をクリックします。

gimpプラグイン

2.保存先を指定するウィンドウが表示されるので、デスクトップなど適当な場所を指定して、「保存」をクリックします。

gimpプラグイン

3.保存したファイルを「C:\Program Files\GIMP-2.0\share\gimp\2.0\scripts」に移動します。

※補足: 「C:\Program Files\GIMP-2.0\share\gimp\2.0\scripts」には、もともとGIMPに入っているプラグインも保存されているので、追 加分は別で管理したいという方は、GIMPの追加プラグイン用のフォルダ「C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\scripts」に移動し てもOKです。
ただし、その場合はユーザー名を日本語(全角)で設定している場合は、上手く動作しないことがあるようなので注意してください。

gimpプラグイン

これでスクリプトの追加が完了しました。

使い方

スクリプトの追加が完了したら、早速使ってみましょう。

1.GIMPを再起動し、パノラマ写真にしたときに一番右になる写真を開いた状態で、その隣に来る写真を、ドラッグアンドドロップでGIMPに追加します。

gimpプラグイン

すると、追加した写真がレイヤーとして追加されます。

gimpプラグイン

これを繰り返し、すべての写真を追加して、一番右の写真が一番上のレイヤーになるように順番に並べます。

gimpプラグイン

2.次に、「フィルター」→「合成」→「Arrange as Panorama」をクリックします。

gimpプラグイン

3.表示されたウィンドウで、以下の設定をして、「OK」をクリックします。

Overlap(percent) : 撮影したときにダブらせた割合を入力します。大きい値を入れるほど、各写真の接合部分のぼかし幅が広がります。

Top Layer on Right : チェックを入れたままにしてください。(左側の画像から順番に上のレイヤーから並べた場合は、チェックを外してください)

Use Layer Masks : チェックを入れたままにしてください。各写真の接合部分を透過して、つなぎ目が目立たないようになります。

gimpプラグイン

4.すると、パノラマ処理がされ、各写真の接合部分がぼかされています。

gimpプラグイン

5.「移動ツール」gimpプラグインで各レイヤーを移動して、重なり具合を調整して完成です。

gimpプラグイン

接合部分がぼかされているため、継ぎ目の目立たないパノラマ写真になります。

gimpプラグイン

3.PhotoshopのプラグインをGIMPで使う方法

GIMPのように画像加工ができる「Photoshop」という有償ソフトがあります。

Photoshop用のプラグインも、簡単な設定をすれば、すぐにGIMPでも使えます。

1.まず、PSPI配布ページの下のほうにある、「gimp-pspi-1.0.7.win32.zip」をクリックします。

gimpプラグイン

2.表示されたウィンドウで、「ファイルを保存する」を選択し、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

3.ダウンロードしたファイルを開き、zipを解凍します。

すると、自動的に「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」に「pspi.exe」が保存されます。

gimpプラグイン

4.次に、Photoshopのプラグインを保存するフォルダを作成します。

どこでも構いませんが今回は、「C:\Program Files\GIMP-2.0」 に 「Photoshop-plugin」 というフォルダを作成してみました。

※既にPhotoshopのプラグインの保存フォルダがある場合は、今回新たに作る必要はありません。

gimpプラグイン

5.そして、GIMPを再起動して、「フィルタ」→「Photoshop Plugin Setting」を選択します。

gimpプラグイン

6.表示されたウィンドウで、「新規ボタン」をクリックします。

gimpプラグイン

「フォルダ参照ボタン」をクリックして、

gimpプラグイン

先ほど手順4で作成した、「Photoshopのプラグインを保存するフォルダ」の場所を指定して、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

そして、「OK」をクリックします。

gimpプラグイン

7.プラグイン配布サイトからダウンロードしたPhotoshopのプラグインのファイルを、手順4で作成したフォルダ(今回は、「C:\Program Files\GIMP-2.0\Photoshop-plugin」)に移動します。

gimpプラグイン

8.GIMPを再起動すると、PhotoshopのプラグインがGIMPに追加されます。

まとめ

便利なプラグインがたくさんあるので、プラグインの追加方法を覚えてGIMPに追加していきましょう。

プラグイン追加方法

  • GIMP用のプラグイン

    プラグインダウンロード後、プラグインファイルをフォルダ 「C:\Program Files\GIMP-2.0\lib\gimp\2.0\plug-ins」 に入れる。

  • GIMP用のスクリプト

    スクリプトダウンロード後、スクリプトファイルをフォルダ 「C:\Program Files\GIMP-2.0\share\gimp\2.0\scripts」に入れる。

  • Photoshop用のプラグイン

    プラグインダウンロード後、プラグインファイルを 「2.PhotoshopのプラグインをGIMPで使う方法」の手順4で指定したフォルダ に入れる。

Pocket

Synclogueの最新情報はFBとTwitterで!