GIMPで背景を透過する方法(アルファチャンネルを追加)

Pocket

gimp 背景透明GIMPで画像の背景を透明にしようとしても、透明にならずに白になってしまい困っていませんか?

GIMPは “アルファチャンネル”  を追加しないと透明に出来ません。

本日は、

  • アルファチャンネルを追加して背景を透過する方法
  • 決まった色を透過する方法
  • 背景が透明の新規ファイルを作成する方法

を初心者でも分かるように、ご説明します。

簡単なので、ぜひ手順に沿って試してください。

目次

1.  背景を透過する方法

2.  決まった色を透過する方法

3.  背景が透明の新規ファイルを作成する方法

1. 背景を透過する方法

GIMPでは “アルファチャンネル” というものに、透明度の情報が保存されています。

そのため、アルファチャンネルが無いと透明に出来ず、以下のような違いがあります。

  • アルファチャンネル無しで消しゴム
    gimp 背景 透明
  • アルファチャンネル有りで消しゴム
    gimp 背景 透明
    ※補足:GIMPでは、このグレーのチェック柄が透明を表します。

早速、アルファチャンネルを追加して背景を透明にしてみましょう。

1.  「レイヤー」 → 「透明部分」 → 「アルファチャンネルの追加」 を選択します。

gimp 背景 透明

2.  すると、チャンネルダイアログに 「アルファ」 が追加されます。これでアルファチャンネルの追加が完了しました。

gimp 背景 透明

3.  透明にしたい画像のレイヤーを選択し、背景を消します。

方法1 : 「消しゴムツール」gimp 背景 透明で消す。

消しゴムで画像をドラッグすると透明になります。

gimp 背景 透明

方法2  : 選択範囲を作成し「Delete キー」 で消す。

選択範囲の作成方法はいくつかありますが、周辺の近似色を判断して選択範囲を作成できる「ファジー選択ツール」gimp 背景 透明がおすすめです。

gimp 背景 透明

簡単に透明にすることが出来ましたね。

もしも、透明にしたい背景の色が単色の場合は、次項の方法を使うと、さらに簡単に透明にすることが出来ます。

2. 決まった色を透過する方法

 透明にしたい部分が単色の場合は、消しゴムで消したり選択範囲を作成しなくても、色を指定するだけで簡単に透明にできます。

この方法だと、前項で必要だったアルファチャンネルは自動で追加されます。

それでは早速、この画像の背景(白)を透明にしてみます。

1.   まず、透明にしたい画像のレイヤーを選択し、「色」→ 「色を透明度に」 を選択します。

gimp 背景 透明

2.  表示された 「色を透明度にウィンドウ」 で、「この色」 に表示されている色をクリックします。

gimp 背景 透明

3.  表示された色選択ウィンドウで、 「スポイト」 gimp 背景 透明をクリックします。

gimp 背景 透明

4.  そして、画像の透明にしたい色の上にスポイトカーソルを持っていき、クリックします。

gimp 背景 透明

5.  すると、スポイトで取った色が表示されるので確認し、「OK」 をクリックします。

gimp 背景 透明

6.  「色を透明度にウィンドウ」 でも 「OK」 をクリックします。

gimp 背景 透明

7.  これで、白の部分が透明になりました

gimp 背景 透明

3. 背景が透明の新規ファイルを作成する方法

画像の背景を切り取って透明にするのではなく、初めから透明の紙に絵を書きたい場合もありますよね。

そんな時は、背景が透明の新規ファイルを作りましょう。

1.  「ファイル」→「新しい画像」を選択します。

gimp 背景 透明

2.  詳細設定の左の 「+」 をクリックして、詳細設定を表示させます。

gimp 背景 透明

3.  塗りつぶし色で 「透明」 を選択します。

gimp 背景 透明

4.  これで背景が透明の新規ファイルを作ることが出来ます。

gimp 背景 透明

※補足 : 透明な新規ファイルで画像を作成した場合は、透明度を保ったまま保存する為に 「GIMP XCF画像」 形式で保存してください。

まとめ

背景を透明にできましたか?

背景を透明にして、一つ下のレイヤーに他の画像をいれると、画像の合成も出来ます。

透明にするワザを身につけて、さらに素敵な画像を作りましょう!

Pocket

Synclogueの最新情報はFBとTwitterで!