Firefoxのキャッシュを削除する方法

Pocket

firefoxキャッシュ削除

キャッシュには閲覧したページや画像が格納され、同じページを閲覧する時はキャッシュからデータを読み込むため素早く表示することができます。

しかし、キャッシュが貯まっていると、最新の情報が表示されなかったり、動作が重くなったりします。

そのため、ブラウザの調子が悪いときは、パソコン上に保存されているキャッシュを削除すると調子が戻ることがあります。

ここでは、Firefox のキャッシュの削除方法を説明します。

とても簡単に削除できます。

Firefox のキャッシュの削除方法

1.「Firefox ボタン」firefoxキャッシュ削除→「オプション」をクリックし、

firefoxキャッシュ削除

2.「詳細」→「ネットワーク」→「今すぐ消去」をクリックします。

firefoxキャッシュ削除

これでキャッシュが削除できました。

気になった時は、この方法でキャッシュを削除しましょう。

もしくは、次項の方法でキャッシュの消去設定をすると、Firefox を終了するときに毎回自動でキャッシュが消去されます。

終了時にキャッシュを削除する設定方法

この設定をすれば、手動で削除しなくても、Firefox の終了時に毎回自動でキャッシュが削除されます。

1.「Firefox ボタン」firefoxキャッシュ削除→「オプション」をクリックし、

firefoxキャッシュ削除

2.タブ「プライバシー」で、Firefoxに「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択し、

firefoxキャッシュ削除

3.「Firefox の終了時に履歴を消去する」にチェックを入れて、「設定」をクリックします。

firefoxキャッシュ削除

4.表示されたウィンドウで、「キャッシュ」以外のチェックを外し、「キャッシュ」だけにチェックが入った状態にして、「OK」をクリックします。

firefoxキャッシュ削除

キャッシュ以外にも終了時に削除したい項目がある場合はチェックを入れましょう。

これで Firefox の終了時にキャッシュが削除されるようになりました。

もしくは、次項の方法で設定すると、今後キャッシュを一切記憶させないようにできます。

キャッシュを一切記憶させない方法

この設定をすれば、ページを閲覧したり、ファイルをダウンロードしてもキャッシュを一切記憶させないようにできます。

ただ、この設定をすると、キャッシュだけではなく、Cookie(利用履歴やログインID、パスワードなどの入力内容が保存されています) も一切記憶されないようになります。

1.「Firefox ボタン」firefoxキャッシュ削除→「オプション」をクリックし、

firefoxキャッシュ削除

2.タブ「プライバシー」で、Firefoxに「履歴を一切記憶させない」を選択します。

firefoxキャッシュ削除

3.すると、再起動の確認画面が表示されるので、「OK」をクリックします。
※「OK」をクリックすると、すぐに Firefox が再起動されてしまうので、閉じたくないページを開いている場合は「キャンセル」をクリックして後で設定しましょう。

firefoxキャッシュ削除

これでキャッシュや Cookie の履歴を一切記憶しなくなりました。

まとめ

Firefox のキャッシュの削除は、

Firefox ボタンfirefoxキャッシュ削除→ オプション → 詳細 → 今すぐ削除

で出来ます。

Firefox の調子が悪いときは、ぜひ試してみてください。

Pocket

Synclogueの最新情報はFBとTwitterで!